2020年05月24日

ウンゲニ・キシナウ・ガスパイプライン、8月までに完工

 こちらによると、ウンゲニ・キシナウ・ガスパイプラインは2020年8月1日までに完工する。
 ルーマニア国営Transgaz社長は、モルドヴァ経済インフラ相と会談し、その中ですでに90%完成しており、今夏にルーマニア側の圧力・調整基地の改修を行い、さらにモルドヴァ側に2基地設置する、と述べた。
 稼働の際は150万m3/日のガスを供給でき、12月1日までには200-300万m3/日輸送可能となる。ゲルゼシタフに圧力・調整基地の設置後は12月1日までに400万m3/日の輸送が可能となる。
2020年1月、同社はヤッシィ・ウンゲニ・キシナウ・ガスパイプラインの稼働を2021年まで延期すると発表していた。同ルートは2013年に建設が開始され、2017年Q4の稼働を予定していたが、延期を重ねている。



------
400万m3/日だとモルドヴァの全消費量をカバーできる計算になる。

posted by 藤森信吉 at 16:50| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする