2020年03月07日

新政権、さっそく大盤振る舞い

 こちらによると、2020年にウクライナ政府は年金のインデクセーションを行う。
 テレビ討論番組の中で、ラゼブナ社会政策相は「約1100万人の年金受給者は今年度、スライドした年金を受け取ることになる。4月以降に引き上げを予定している」と述べた。前社会政策相は9月に給付額のスライドを行う、としていた。引き上げ額は月216フリブナ(8.64ドル)である。年金基金の2020年1月1日時点のデータによると、ウクライナは1130万人の年金受給者がおり、平均受給額は3082.98フリブナ(123.38ドル)となっている。
https://www.youtube.com/watch?v=tCFDkQOMH9k

-------
 トークショウ番組でロシア語話者とウクライナ語話者が各々の言語で討論し合う様は健在ですな。
posted by 藤森信吉 at 20:44| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする