2020年02月26日

ベラルーシ、3月にオデッサ・ブロディ利用

 こちらによると、ベラルーシはオデッサ・ブロディ原油パイプラインを利用して製油所に原油を供給する計画をたてている。
 ベルネフチェヒム社によると、代替原油の供給をウクライナ領を経由して3月に開始することになる。同社によると、オデッサ・ブロディは最も経済的で早く、望ましい輸送を行う。原油の供給国については明かされていないが、アゼルバイジャンかロシアの生産者の可能性がある。また、輸送量については、製油所の在庫バランスとロシアからの鉄道・パイプラインによる供給量によって決定されるという。
posted by 藤森信吉 at 14:32| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする