2020年02月20日

ポーランドのウクライナ人出稼ぎ、高水準を維持

 こちらによると、2019年にポーランドで労働許可を得た外国籍人は44万5千人で内74%はウクライナ人だった。ベラルーシ、ウクライナ、ジョージアからの出稼ぎ者数が増えると同時に、ネパール、バングラディッシュ、インドからの出稼ぎ者数が減っている。アジア人労働者に対する関心は、文化的言語的違いの大きさから低下している。またポーランドに長期滞在するウクライナ人労働者は、チェコやドイツに移るよりも、ポーランド滞在を続ける傾向にある。200万人のウクライナ人労働者がポーランドで働いており、彼らがポーランドにおいて住居を購入しようとする意欲は増加している。
posted by 藤森信吉 at 11:19| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする