2020年02月01日

ウクライナ、カントリーリスク評価を改善

 OECDカントリーリスク評価によるとウクライナは、7評価から6評価に良化された。
 ウクライナのいる6評価グループには、ベラルーシ、ジョージア、アルメニアがいる。7評価グループにはモルドヴァ、クルグス、タジキスタン、そして6から評価を落としたトルクメニスタンがいる。ロシアは4、アゼルバイジャン、ウズベキスタン、カザフスタンは5。
posted by 藤森信吉 at 20:46| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする