2019年11月19日

先生、襲来

 ドネツク人民共和国は、空手師範を日本から招くことを明らかにした。
 マルティノフ人民共和国ソビエト代議員兼スポーツ・伝統空手協会総裁は、ドネツク人民共和国の空手家の昇段試験およびセミナーのために日本から師範が訪問することになる、と記者会見で述べた。「我々はセンセイをここにお呼びする。12月半ばにここに来ることになる。何らかの協定書にサインすることになるかもしれない。共和国の歴史で初めて日本から空手家が来ることは我々にとって大きな出来事である」と氏は述べた。名前は現段階では明らかにされていない。
----------
件のKWFから呼ぶのでしょうか。ドネツク人民共和国、もといウクライナ・ドネツィク州特別地区に「違法」入国すると、二度とウクライナに入国できませんよ〜

 
posted by 藤森信吉 at 23:14| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケルチで拿捕されたウクライナ艦艇、返還される

 こちらによると、昨年11月にケルチ海峡で拿捕されたウクライナ艦艇がウクライナ側に返還された。
 これに対し、ザホロドニュク・ウクライナ国防相は「ロシア側の自発的意思によるものではなく、国際海洋法裁判所の決定を履行したまでだ」との見解を述べた。また、国防相は「今後、ウクライナを防衛する十分な海軍艦艇を建設する。地域安定の担保となる」とも述べた。国際海洋法裁判所は5月25日に「ロシアがウクライナ海兵および艦艇を返還すべきである」との決定を下していた。逮捕された海兵は9月7日に、捕虜交換の枠内でウクライナ側に帰還している。

posted by 藤森信吉 at 23:01| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする