2019年10月24日

ウクライナ政府、予測成長率をセルフ引き上げ

 こちらによると、ウクライナ政府は2020年度のGDP成長率予想を3.7%に引き上げた。
 ホンチャルク首相は記者会見において、経済省は世銀の予測数字と同じであるが、楽観的シナリオ、ウクライナが真の汚職対策を行う場合は4.8%まで成長率が引き上げられる、とした。また、フリブナの予想レートは、保守的な予想では27フリブナ/ドル、楽観的な予測で24.8フリブナ/ドルという二つの数字を挙げた。
 世銀は3.7%、IMFは3.0%という数字を挙げているが、10月に2019年は3.0%、2020年は3.4%という数字に引き毛ている。
--------
 4.8%ときましたか。公約(5年間でGDP40%増)を達成する一番簡単な方法はry
posted by 藤森信吉 at 20:39| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JTIウクライナ、印紙の引き受けを拒否

 こちらによると、JTIウクライナ社は印紙1600万(3.5億フリブナ相当)の納付を拒否した。
 10月4日にウクライナ最高会議がタバコに追加的税を課した法案第二読を採択した後、JTIウクライナはタバコ減産に踏みきり、10月上半期で前年同期比マイナス73%となった。BAT社もプリルキ工場の生産を10月11日に停止しており、印紙2500万(5億500万フリブナ)を返還している。
 
posted by 藤森信吉 at 20:14| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする