2019年10月23日

モルドヴァ、南北分裂

 こちらによるとモルドヴァで898の地方首長選挙が行われた。
 20日の投票により515の首長が選出された。中央選管によると、政党別では、民主党191、社会党124、ACUM82、自由民主党26、ショール党13、我らの党10、共産党4、民族合同党2、人民ルーマニア党、自由党各1、無所属64、となっている 
 残り383の首長は11月3日の決選投票で選出される。注目のキシナウ市長選挙は、チェバン(社会党)40.19%、ナスタゼ(ACUM)31.08%が決選投票に進んだ。



-----------
 画像は県・市の首長の所属政党。赤が社会党、黄色がACUM、緑が民主党。東西分裂wならぬ南北分裂、と言いたいところだが、ガガウスは親ロシアで社会党が強いんだよね。民主党もショール党も党首が逃亡して壊滅したと思ったのだが、生き残っている。地方エリートの寄り合い所帯だったのかもしれない(根拠なし)。

posted by 藤森信吉 at 19:08| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする