2019年09月12日

ナフトガス、ドドン・プーチン合意を批判

 ナフトハス・ウクライナ社は、モルドヴァ・ロシア大統領合意を批判した。
 「ウクライナは国益が空想的割引と引き換えられたときから長き道程を歩んできた。5年前、我々はガスプロムと政治介入なしに、ガスを国に供給することが可能となっていた。今日、モルドヴァは我々の2014-15年の経験を再現できるかもしれない。例によってロシアの値引き価格は実際は値引きではない。モルドヴァは今やスロヴァキアでガスを購入しウクライナ経由で輸送すれば、国境価格は190ドルとなる。一方、ガスプロムが謳う「値引き価格」は237ドル/1000m3で20%も高い」とfacebookでナフトハス社は指摘した。
 ドドン大統領は、プーチン大統領との合意で10月1日以降のガス価格は10-15ドル値引きとなり、2020年1月1日以降は40-50ドル引き、2020年4月1日以降は70ドル値引きされる可能性がある、と述べていた。
posted by 藤森信吉 at 12:38| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする