2019年09月08日

ドドン大統領「ガス価格引き下げでプーチンと合意」

 こちらによると、ドドン大統領との会談で、プーチン大統領はモルドヴァ向け天然ガス価格を引き下げることを約束した。
 モスクワを訪問中のドドン大統領はプーチン大統領と会談し、ガス部門の今後について原則的な合意をみた。これにより、モルドヴァにおける末端ガス価格は上昇しないことになる。10月1日以降にもモルドヴァ向けロシア・ガスは値下げされることになる。また、ドドン大統領は、モルドヴァ製品の5品目が引き続きロシアに無関税で輸出されること、6月のモルドヴァの政変におけるロシアの支持についても、プーチン大統領に謝辞を述べた。
 沿ドニエストル和平については、モルドヴァの主権・領土保全を遵守する下、5+2全当事者の条件を統合する必要があるとした。



------------
ペアルックw。これで何度目の会談だろうか。
よく読むと2019年暖房シーズンのお話で、懸案の2020年以降のガス供給体制についてではないようだ。ロシアがウクライナとの輸送契約を締結しない限り、モルドヴァも沿ドニエストルもガス欠状態に。ウラジーミルがイーゴルと同じ未来を見ているかは不明。
追記)  スロヴァキアで買ってウクライナ経由で輸入する方が ガスプロムの「兄弟」価格より安い。
Sergiy Makogon
9月8日 23:43 ・

При цене в Словакии на ВТП в 165 долларов ≪братская≫ цена Газпрома для Молдовы в 237 долларов должна подтолкнуть правительство Молдовы к определенным выводам.

Простая математика говорит о том, что если б Молдова сейчас покупала газ в Словакии и везла к себе через Украину, то цена на входе была б около 190 долл, что на 20% ниже Газпромовской.

А если из цены отнять транспортировку до Словакии и обратно, то цена на российский газ в Молдове должна быть сейчас около 110-120 долл, что в 2 раза меньше текущей.
posted by 藤森信吉 at 13:59| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする