2019年06月10日

モルドヴァ議会、「解散」

 こちらによると、フィリプ「大統領代行」は議会の解散と選挙日を9月6日とする大統領令に署名した。
 憲法裁の決定に従い、首相職で大統領代行となったフィリプ氏は、署名に際し「ドドン大統領は憲法上の義務である議会解散を遂行することを拒否し、憲法裁によって職務を停止された。9月6日は政党や国家機構が準備するのに合理的な期間である。選挙後の3か月間で多数派を形成できなかった。社会党とACUMブロックが政治危機を作り出した。期日前の選挙は危機から脱出する唯一の手段である」と述べた。
-------
 EUもアメリカもロシアも反プラハトニュークの中、モルドヴァ民主党(というかプラハトニューク)によるステートキャプチャークーデター(長いな)は成功するのかね。
posted by 藤森信吉 at 16:47| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする