2019年06月04日

クチマ、三者会議ウクライナ代表に復帰

 こちらによると、ドンバス和平三者会議のウクライナ代表団はクチマ元大統領が率いることになる。
 ゼレンシキー大統領は、アメリカ、フランス、ドイツその他諸国の代表と会談済であり「彼らとはドンバス停戦の実現について協議した。ノルマンディー様式でドンバスの交渉を再開し、ミンスク合意を再開錠することが共通の立場だ。ウクライナの領土、主権は交渉材料にはならない」と記者会見で述べた。また、大統領はクチマ氏がウクライナ代表団を率いることに謝辞を述べた。5日にドンバス和平の三者コンタクト会議が開催されるが、クチマ元大統領がウクライナ側の代表を務めることになる。クチマ氏は1994-2005年までウクライナ大統領であり、2014-2018年まで三者コンタクト会議代表でもあった。



-----------
ドニプロペトロフシク閥の復活。
posted by 藤森信吉 at 13:46| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする