2019年05月14日

ゼレンシキー、宗教指導者と会談

 こちらによると、ゼレンシキー次期大統領は諸宗教指導者と会談し、ドンバス和平を訴えるビデオクリップを公開した。
 ビデオ内では、フィラレート名誉キエフ総主教、オヌフリィ・ウクライナ正教モスクワ主教、シェフチューク・ウクライナ・ギリシャカトリック教会総大司教、ムスリム、ウクライナ・ラビ会議のリーダー達がメッセージを述べた。ウクライナ正教会総主教(ПЦУ)は、ПЦУ側の意向により登場しなかった。
 ゼリンシキーは、我々は一緒だ、一つの国だ、とのテキストを付記した。
Результатом зустрічей із релігійними лідерами стало послання миру для мешканців Криму та Донбасу.
Дякую всім, хто погодився.
Ми з вами!
Ми разом!
Ми – одна країна!

Результатом встреч с религиозными лидерами стало послание мира для жителей Крыма и Донбасса.
Спасибо всем, кто согласился.
Мы с вами!
Мы вместе!
Мы – одна страна!
----------
せっかく誕生した独立ウクライナ正教会だが、合同が遅々として進んでいないところで政権交代。ПЦУ内でも人事をめぐる対立。
posted by 藤森信吉 at 13:08| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする