2019年05月12日

聖ゲオルギーリボンを身につけていると入国拒否を食らう

 ウクライナ国境庁によると、聖ゲオルギーリボンを持参したモルドヴア旅行者が入国禁止処分を受けた。
 8日、パランカ・クチュルガン・チェックポイントにおいて、自動車で渡航中のモルドヴァ国籍の男女が禁止されている聖ゲオルギーリボンを身に着けていたことにより入国を拒否され、今後3年間のウクライナ入国禁止処分を受けた。2017年に6月15日にウクライナでは、プロパガンダ準備禁止法が施行され、ゲオルギーリボンは禁止対象となっていた。



---------
 クチュルガンは沿ドニエストル・ウクライナ間の出入国ポイントなので、モルドヴァ国籍を持つ沿ドニエストル住民の可能性が高い。きっと戦勝記念日でウキウキしたまま車に乗って外し忘れたのだろう。ド田舎の住民にとって、大都会オデッサがあるウクライナへ入国できないのはかなり痛い。関係ないが、以前に人民共和国へ青と黄色のセーターで堂々と渡航したのは秘密。ドネツクに着いてから気付いたが周囲は何とも思っていなかったようだった。
posted by 藤森信吉 at 15:17| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする