2019年03月22日

コロモイシキー、ゼリンシキー&ティモシェンコ支援を否定

 こちらによると、コロモイシキーは、ゼリンシキーとティモシェンコへの財政支援の噂を否定した。
 「ゼレンシキーとの間には、私が株式を所有するテレビ局間で契約関係があるが、彼のスタジオのクヴァルタールとの契約だけでそれ以外の共通のビジネスはない。彼は完全に自律的である。彼ら政治経験がないことは問題とはならない。世代交代は痛みを伴う。我々は『若者は経験がなく何もできない、経験豊かな政治家に任せるべきだ』というが、何の成果も出ない」とゼレンシキーを称賛した。
 また、ゼレンシキーやティモシェンコへの財政支援については言下に否定し「財政支援をしたくても、ロンドン高裁で財産を差し押さえられているため、制限されている」と述べた。また、ポロシェンコ大統領については「もう一期務めることを望まない。この5年間の治世はフラストレーションだった」と述べたが、大統領との間には、個人的な闘争はない、とした。
---------
 コロモイシキーはただいまイスラエルにいます。
posted by 藤森信吉 at 21:22| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年のGDP成長率は3.3%

 こちらによると、2018年のGDP実質成長率は3.3%だった。
 2016年2.4%、2017年2.5%から成長率をさらに伸ばした。名目GDPは3兆5587億フリブナで、一人当たり8419フリブナ、GDPデフレーターは5.4%となる。国立銀行は今年度のGDP成長率を2.5%、2020年を2.9%と見込んでいる。2018年および2019年国家予算案は年3%成長を想定している。

posted by 藤森信吉 at 21:20| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする