2019年03月05日

ナフトガス、またまたロシアに勝利

 ナフトガス・ウクライナ社によると、ハーグの常設仲裁裁判所は、クリミアにおいてロシアが違法にナフトガス社の資産を収奪した、と認定した。
 コボレフ・ナフトガス社長は「重要な勝利である。ロシアのクリミア併合コストは日々増え続けている」と指摘した。仲裁裁判所は、ロシアによるナフトガス社への処置は違法であり、かつロシアはクリミア上を含むウクライナ側資産を尊重・保護しなければならないという二国間投資保護条約を侵害している、と結論付けた。
 審議は今後、ナフトガス社への補償額確定という第二段階に入るが、ナフトガス社は50億ドル相当の資産が収奪された、としている。



----------
 「投資保護条約違反で提訴」は、日韓の徴用工問題でも使えると思うんですがねえ。
posted by 藤森信吉 at 21:32| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メドヴェージェフ首相「ウクライナ領経由のガス輸送は条件付きで継続」

 こちらによると、メドヴェージュフ・ロシア首相は、Luxemburger Wort紙とのインタビューにおいて、2019年末のガス輸送契約失効後のウクライナ領経由輸送について、利害関係を持つ企業間での調整であり、経済的商業的に有益な契約、安定した政治環境が条件である、とした。
posted by 藤森信吉 at 17:24| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする