2019年02月26日

プラハトニューク大勝利

 こちらにモルドヴァ議会選挙の論評が掲載されているので簡単に紹介。
 24日のモルドヴァ議会選挙はモスクワが推すモルドヴァ社会党にとって悪くない選挙結果だったが、政権を獲得するには至らず、オリガルヒ、プラハトニュークの民主党の影響力が維持されることになった。プラハトニュークが新政権編成、対EU、対ロシア関係を規定することになろう。
 OSCEは「全体として民主主義選挙が遵守された」と評価を与えており、再選挙を叫ぶ声はどこにもない。速報結果では、親ロ派ドドン大統領の社会党34、民主党31、野党で親西側のACUMが26、「ビジネスマン」イラナ・ショールの党が7、無所属が3となっている。うちショール党と無所属は民主党に繋がっているから、民主党は少なくとも40議席を得て、国家をコントロールすることができる。新たな小選挙区・比例代表並立制は、民主党の有利といわれていたが、小選挙区の過半数以上を獲得し望み通りの結果となった。
 ブラハトニュークは暗殺と違法送金の嫌疑をロシアでかけられているが、議会で多数派を占め、政権運営するために「無所属議員や他党議員と派閥入り交渉を行う用意がある」と明言している。ショール党は連合を組むだろうが、ACUMのマリア・サンドゥ議員とアンドレイ・ナスターゼ議員は民主党・プラハトニューク個人だけでなく、ドドンの親ロ路線も厳しく批判している。
 ポポフ・戦略研究所長は、この選挙の主たる結果はオリガルヒ・民主党支配の維持であるから、議会の早期解散・選挙の可能性はなくなり、テクノクラート内閣がおそらく形成されるシナリオがもっとも有り得る、と述べた。また、民主党・ACUMの連合、社会党・ACUMの連合はどちらも排除される、と指摘した。民主党が内閣形成の主たるプレーヤーとなる。



--------
旧ソ連諸国には厳しいコメルサント紙から。たぶん、今回の選挙結果に一番喜んでいるのが、沿ドニエストル、やや喜んでいるのがEU、一番悲しんでいるのがロシアかと。ロシアは、特定の政治勢力を大々的に応援してハズす、という黄金パターン。
 
posted by 藤森信吉 at 11:50| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドドン社会党、議会選挙で不発

  こちらにモルドヴァ議会選挙の議席獲得数(開票率99%)の試算が掲載されているので簡単に紹介。

 比例区小選挙区合計
モルドヴァ社会党31.32%(18)15(16)33(34)
モルドヴァ民主党23.86%(13)1831
ACUM DA-PAS26.41%(14)1227(26)
ショール党8.4%(5)27
無所属-33

 計算が変ですが、原文のまま。報道のトーンは、ドドン大統領の敗北

ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 11:42| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする