2019年01月19日

ウクライナ産ガスの原価は250ドル

 こちらによると、ナフトガス・ウクライナ社長は、ウクライナ産天然ガスの原価が250ドル/1000m3である、と明かした。
 コボレフ社長は、ウクライナで産出する天然ガスの原価は、ナフトガス社の子会社であるウクルハスヴィドブヴァンニヤ社においては、資本投資のためのクレジット、輸送費、税を除くと、設備投資、開発資金、採掘費、土地取得額生産開発の関連費用全て含めて250ドル/1000m3である、とテレビ局の番組内で明かした。またコボレフ氏によると、民間ガス採掘企業の生産原価はさらに高い、と指摘した。
-----------
 野党が「住民向けガス代を値下げしろ、ナフトガスはぼったくり」と選挙戦で政権批判しているので、数字を提示。おそらくティモシェンコは「フェイク」と一蹴するでしょう。まあ政権交代すればナフトガスのトップは入れ替えられますが。


posted by 藤森信吉 at 18:52| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする