2019年01月31日

CIS選挙監視団もウクライナ大統領選挙に参加できず

 こちらによると、レベジェフ・独立国家共同体執行書記は「CIS監視員はウクライナ大統領選挙に招待されていない」と述べた。
レベジョフ氏は「キエフはCIS枠内における監視員の参加を拒否したたため、我々は選挙監視の招待を受けていない」と明かした。また、ウクライナとCIS執行委員会との関係はミンスクのウクライナ大使館との外交ルートを通じて維持されている、と述べた。
-----------
OSCE枠内におけるロシア国籍人のの参加をウクライナ外務省は拒否していたが、他のCIS諸国籍人がOSCE枠内で参加するのはどうなるのだろうか。OSCE選挙監視団で、アルメニアやウズベクからの監視員と一緒になったことがある。
posted by 藤森信吉 at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイディク、早くもトーンダウン?

 こちらによると、サイディク・三者コンタクト会議OSCE特別代表は、ミンスク合意に代替はない、と記者会見で述べた。
 サイディク氏は「3年間以上の経験から、自らミンスク合意に完全にコミットすること、そしてウクライナ東部紛争の和平に代替はないことを再度強調したい」と述べた。三者会議では、特に紛争地域の住民の生活条件と安全の確保が優先事項の一つであり、昨年度、民間人の犠牲者は紛争開始以来、最小を記録した、と述べた。経済作業部会では、「ドンバス水道」の監査、ルガンスク・ドンバス特別地域(=人民共和国)の住民への年金支給についても協議された。作業部会では、ウルリッヒ・ブランデンブルク元駐ロドイツ大使が初の議長を務めた。また、政治部会では、引き続き「シュタイマイヤー様式に則した恩赦やドンバス地方選挙について協議された。次の三者コンタクト会議は2月13日に開催される。
-----------
サイディク提案(国連平和維持部隊のドンバス展開)はフランス外務省が「ドイツと検討中」と発表していたが、単なるアドバルーンなのか、あるいはミンスク合意に国連平和維持部隊の展開は含められる(ウクライナ側はこの解釈)、ということなのか不明。
フランス外務省のHPから
Q : In an interview with the Austrian newspaper Kleine Zeitung, Martin Sajdik, the special representative of the OSCE chairperson-in-office in Ukraine, mentioned a new plan for the peaceful resolution of the Donbas conflict. The plan involves establishing a joint UN-OSCE mission. What is France’s assessment of this plan?

A : We are currently studying this proposal on a joint basis with Germany and in conjunction with the Russian and Ukrainian parties within the Normandy format.
A peaceful resolution to the Donbas conflict will depend above all on the parties’ political will to fulfill their commitments.
The full implementation of the Minsk Agreement remains the only framework for resolving the crisis.
posted by 藤森信吉 at 19:55| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

ポロシェンコ「2024年にEU加盟申請を行う」

 こちらによると、「クルーティからブリュッセルまで-我々は自らの道を進む」フォーラムにおいて、ポロシェンコ大統領は「2024年に我々はEUに加盟申請を行う」と宣言した。
 大統領は、以前には誰も信じていなかったEUとの連合協定調印・批准により、輸出に占めるEUに割合は42%を超えたことを紹介し、2024年にはEUに加盟申請を出し、NATOとのメンバーシップ・アクションプランを受け実行することに疑いはない、と述べた。
-----------
 再選すれば2024年まで大統領任期。任期中にクリミアとドンバスを取り戻してロシアとの領土問題を解決する、とか言わないようですが。

posted by 藤森信吉 at 13:46| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

OSCE、「新」ミンスク合意を提案

 こちらにマルティン・サイディク・ミンスク三者会議OSCE代表のインタビュー記事が掲載されているので簡単に紹介。


・サイディク氏は他のOSCEの外交官とともに、新たなドンバス和平計画を策定中であるが、この文書の主たるメッセージは何か
サイディク「地方選挙の実施が重要で、国連のみが行えるとの結論に達した。OSCEは選挙の正しさを審査することにあり、選挙の組織はできない。安全の面もある。17000km2の地域に600人しかOSCE要員がいない。前線は420kmもある。国連の関与が必要だ」
・文書では国連とOSCEの連携とEU承認の組織改築が説かれている。
サイディク「国連が武装面と警察面を担い、OSCEが監視活動を続ける。改編された組織はこの統合指導下には入らず、ドンバス全域で活動する」
・国連ミッションでは東スラヴォニアのクロアチアへの平和的再統合が成功例としてある。
サイディク「東スラヴォニアを参考例とはしたくない。勿論、詳細に検討したが、我々のモデルではない。ミンスク合意は、ドネツク・ルガンスクの特別地域の代表の権利を認めている。また住民の言語を含む権利も含まれている」
・過去4年間でこの地域はウクライナからますます分離してしまっている。これをどう克服すべきか。
サイディク「国連による移行期統治を含めて法的問題は実践的に解決されうる」
・国連平和維持部隊がウクライナ東部に2万人展開されるとの計画もあるが、何人必要になるのか
サイディク「正確には数えていない。過去の例から、そんなに必要ではないと思う」
・ドイツ、フランス、ロシア、ウクライナからの反応は
サイディク「12月のミラノOSCE外相理事会で提示したが、これらの国々も出席しており、質問やコメントを受けた。しかし公式な反応は受けていないし、必要だとも思わない。可能性を提示することが重要だ」
--------
 国連平和維持部隊を展開しろ、というウクライナ側の主張とピッタリ。
 ルガンスク人民共和国の反応はこちら
 「ウクライナ側の戦争党に沿った無責任な声明」
 ドネツク人民共和国の反応はこちら
 「ミンスク合意をサボタージュするためのもの」


posted by 藤森信吉 at 17:37| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

通貨流通高、前年比10.7%増

 ウクライナ国立銀行によると、2019年1月1日時点でのウクライナの通貨流通高は4001億フリブナで前年同期比10.7%増だった。うち紙幣は3978億フリブナ(29.5億枚)、コインは22億フリブナ(131億枚)だった。
 内訳は図の通り。



---------------
 図の数字(紙幣 2.2億枚)は誤り。計算すると2.95億枚になる。
2年前に行ったとき、紙幣は20とか50ばかり使っていた記憶があるのだが、200札とか500札はそんなに流通しているのだろうか。
因みに2018年のインフレ率は9.8%。
posted by 藤森信吉 at 17:41| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

ウクライナ、ベラルーシ食塩とランプにダンピング関税

 ウクライナ経済発展・通商省によると、貿易問題省庁間委員会は、ベラルーシからの食塩とランプに対する反ダンピング措置の導入を決定した。 2017年11月に、ルソソーリ・ウクライナ社のアピールにより調査を開始し、5年間に11.85%の関税をベラルーシの輸出者に課すことを決定した。他方、モズルソーリ社の自主的なダンピング価格の停止に鑑み、同社にはダンピング課税を課さないこととした。
 また、リヴィウ・イスクラ電球工場の2017年12月のアピールで、ベラルーシからの100W以上200W以下の電球を調査し、17.73%の輸入関税を課す決定を下した。
---------
 イスクラという名前は反共産主義法に抵触しないのでしょうか。
 
posted by 藤森信吉 at 21:28| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

アクショーノフ「2018年のクリミア観光客は680万人」

 こちらによると、アクショーノフ・クリミア共和国元首はinstagram上において「昨年度、クリミアで680万人の観光客が休暇を過ごした。これはソ連崩壊後の新記録であり、前年比28%増である。新年の休暇をクリミアで過ごした人は19万人で前年比40%増である。47%がクリミア橋経由、37%が空路、16%がウクライナとの国境から来た」と記した。
 アクショーノフ氏は「第一にクリミア橋とシンフェローポリ空港新ターミナルの開通が交通アクセスを著しく改善した。第二に観光部門における官民の協働である。第三にホテルのサービス改善と海岸数の増加である」と客数増加の理由を説明した。「クリミア橋の鉄道開通後には、観光客数はさらに増えると確信している。我々のインフラをこれに対応させねばならない」と結んだ。

 


 
posted by 藤森信吉 at 19:35| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

沿ドニエストルのモスクワ代表部、ついにオープン

 こちらによると、22日、モスクワに沿ドニエストル共和国公式代表部が開設された。
 最初のモスクワ代表部は2005年に作られ、沿ドニエストル協力センター-社会団体としてロシアに公式登録された。2012年以降、活動は停止したが、ロシアにいる沿ドニエストル国民からの要請があり、沿ドニエストル外務省の努力によって開設にいたった。ロシア法に則り、社会団体「社会文化関係発展基金『沿ドニエストル』」の形態をとっている。沿ドニエストル住民の文化・人道・社会経済その他の関係の確立、とモスクワの諸機関との直接コンタクトの支援、社会団体との交流、情報交換、沿ドニエストル文化のロシア世界への統合が代表部の役割である。特に重要なのは、外交活動、商業経済金融関係の発展である。開設セレモニーには、ロシアの国会議員やアブハジア、南オセチア、ナゴルノカラバフ大使館の代表らが出席した。

---------
 写真を見ると、ドーム・クニーギの裏にある建物のようだ。しかし社会団体を名乗りながら、看板は「沿ドニエストル共和国公式代表部」と記されている。いいのか?
posted by 藤森信吉 at 18:57| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

ポロシェンコ、フィラレート総主教をよいしょしまくり

 こちらによると、ウクライナ人民共和国・ウクライナ西人民共和国合同令100周年式典において、ポロシェンコ大統領は、フィラレート主教にウクライナ英雄称と国家勲章を授けた。
 大統領は「貴殿はウクライナ人民の精神的指導者であり、あり続けている。全人生を通じて教会とウクライナ人民のために尽くした」と叙勲の理由を説明した。
 また、23日には国外からフィラレート主教生誕90周年に祝辞を寄せた。



 一方、ティモシェンコは直に教会でフィラレート総主教の90歳を祝い、単一のウクライナ独立教会の誕生に対する尽力を讃えた。
-------------
 ティモシェンコもポロシェンコもモスクワ主教座の信徒だったような
 選挙が近くなると、候補者が教会に行き始めるのはお約束。特にヤヌコヴィッチは犯歴があったので、やたらに信心深さを強調していたものだ。しかし、ポロシェンコの得点稼ぎを悉く潰すティモシェンコ陣営は抜かりないな。いや、一番油断ならないのはどっちらも保険をかけるフィラレートか。
posted by 藤森信吉 at 11:27| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

ナフトガス、3者ガス輸送協議におけるガスプロムの交渉姿勢を批判

 ナフトガス・ウクライナ社のヴィトレンコ商務局長はfacebook上で3者ガス協議に関するコメントを発した。
 それによると、
1.ガスプロム曰く「実際の輸送交渉はウクライナがストックホルム調停を破棄、両者間の「平和合意」に至った後になされる」。ガスプロムの脅迫姿勢は相変わらず続いている。
2.欧州委員会とウクライナは調停結果に関して共通の理解がある。
3.ノルド2を支持するドイツ政治家に、ウクライナ領経由の輸送の必要性を訴えれば、彼らはストックホルム調停の履行、というウクライナの立場を支持し、ウクライナ領経由の輸送契約の協議開始を支持するはずだ。
4.ナフトガス・ガスプロム間のバランス関係が回復された場合、ガスプロムは契約延長の用意があるが、ウクライナ法に矛盾することには無頓着である。
5.現行の契約の問題はガスプロムの解釈によれば輸送量に関する保証がなく、数年間の契約延長があったとしてもノルドストリーム2完工後にウクライナ経由はゼロになることになる。
-------
 うーむ、ノルド2完工までのつなぎ、という図式は何も変わっていないようだ。
posted by 藤森信吉 at 12:55| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

欧州委員会、ウクライナ経由のガス輸送3者協議にコメント

 こちらにウクライナ経由のガス輸送三者協議に関するシェフチョビッチ欧州委員会エネルギー担当委員の声明が掲載されているので、忘備録的にコピペ。
・2018年7月半ばに第一ラウンド、今回が第二ラウンド、5月に次の協議。今年度末までにゴールに達したい。
・将来の輸送について、契約期間、量、料金について協議。またウクライナのガス輸送システムへの投資・維持、法的技術的要求も協議。
・ウクライナ側とはアンバンドリングについて協議。
--------
5月に次の協議ということは、大統領選挙後か。
posted by 藤森信吉 at 14:50| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア、選挙監視員の派遣に意欲

 こちらによると、TASS紙とのインタビューにおいてロシアのグルシコ外務次官はOSCE選挙監視団にロシア人を派遣する計画があることを明かした。

Q 「OSCEが3月31日のウクライナ大統領選挙のロシア選挙監視員を招待したようだが」
次官「その通り、監視員の派遣を計画している」
Q「ウクライナ側からの挑発行為で監視員が危険に晒される可能性はあるか。ウクライナ外務省はロシア監視員の登録を拒否しているが」
次官「無論そのような危険性はあるが、ウクライナはOSCE加盟国であり、その責務を果たすべきであり、それに反していることは非常に嘆かわしい」
------------
 短期監視員(STO)に関していえば、他国の監視員と2名ペアで行動するので、勝手な行動等はできない、しかし派遣地域の反ロ感情がどうなのか、という問題も出てくる。ハンガリーやルーマニアやポーランドの監視員も同様の問題があるが。
posted by 藤森信吉 at 13:36| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

OSCE議長、沿ドニエストル訪問

 こちらによると、OSCE議長国のスロヴァキア外相が沿ドニエストルを訪問した。
 クラスノセリスキー・沿ドニエストル大統領は、会談において、モルドヴァ・沿ドニエストル紛争の解決方法にチェコとスロヴァキフの1993年のビロード離婚を挙げ、沿ドニエストルの国際社会承認が唯一の策である、と述べた。
「チェコとスロヴァキフの1993年離婚で多くのことが解決され、今日、隣り合う両人民の生活を全く乱していない。重要なことは、平和を維持することだ」と大統領は指摘した。また両者は、沿ドニエストル・モドヴァ紛争和平の国際競技について意見を交換した。



----------
 チェコスロヴァキア型離婚は沿ドニエストルが太古から主張している解決策で、スロヴァキアが議長国のタイミングでまたもや披露。しかしビロード離婚と異なるのは、(沿ドニエストルを除くと)誰も分離独立を望んでいないことだろう。ロシアは沿ドニエストル独立には反対(国家承認すらしていない)、モルドヴァは政府も世論も沿ドニエストル分離独立に反対。
posted by 藤森信吉 at 16:49| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

沿ドニエストル、2018年の貿易輸出入額は26%増

 こちらによると、2018年の沿ドニエストルの貿易は輸入額が前年比24%増、輸出額が同30%増だった。
 国家通関委員会の統計によると、輸入額は12億1600万ドル(+24%)、輸出額は6億9700万ドル(+30%)で、輸入品の構成は,燃料・エネルギー商品37%、鉄鋼関連品19%、食料品11%、機械生産11%、輸出品の構成は鉄鋼43%、エネルギー17%、食料品17%他。輸入相手の構成はユーラシア経済共同体46.24%(ロシア40.16%)、欧州連合15.04%、輸出相手の構成は欧州連合35.84%、ユーラシア経済共同体10.77%(ロシア10.32%)だった。
----------
鉄鋼輸出 が大回復。

 
posted by 藤森信吉 at 13:06| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

ウクライナ産ガスの原価は250ドル

 こちらによると、ナフトガス・ウクライナ社長は、ウクライナ産天然ガスの原価が250ドル/1000m3である、と明かした。
 コボレフ社長は、ウクライナで産出する天然ガスの原価は、ナフトガス社の子会社であるウクルハスヴィドブヴァンニヤ社においては、資本投資のためのクレジット、輸送費、税を除くと、設備投資、開発資金、採掘費、土地取得額生産開発の関連費用全て含めて250ドル/1000m3である、とテレビ局の番組内で明かした。またコボレフ氏によると、民間ガス採掘企業の生産原価はさらに高い、と指摘した。
-----------
 野党が「住民向けガス代を値下げしろ、ナフトガスはぼったくり」と選挙戦で政権批判しているので、数字を提示。おそらくティモシェンコは「フェイク」と一蹴するでしょう。まあ政権交代すればナフトガスのトップは入れ替えられますが。


posted by 藤森信吉 at 18:52| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

プーチン、ウクライナ領経由のガス輸送維持に意欲

 こちらによると、プーチン大統領は、ウクライナ領経由のガス輸送について協議予定であることを明かした。
 セルビア大統領との会談後、共同記者会見において、トルコ・ストリーム経由でセルビアにガスを供給する問題について質問されたプーチン大統領は「トルコ・ストリームでヨーロッパ消費者にガスを供給する用意があり、またサウス・ストリーム計画の再開も計画している。この計画はノルド・ストリーム2を損なうことはない、ガスプロム社指導部は、次週、ブリュッセルにおいて、ヨーロッパへのロシア・ガス供給量増加を考慮してウクライナ領経由の輸送を含む問題について協議予定であり、昨年度、記録的な2000億m3を供給し、今後も増え続ける」と答えた。
--------
一行でまとめると「全部やる」。
ウクライナ領経由の輸送については、ウクライナ側が輸送料引き下げに同意したのでしょうか。
posted by 藤森信吉 at 15:13| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンフェローポリ空港の利用者は500万人超

 こちらによると、シンフェローポリ空港の2018年度の旅客数は514万6095人で前年比17357人増だった。
 降客数は257万1329人、出発客数は257万4766人、滑走路の利用数は3万7282回だった。旅客数の取り扱いは、アエロフート、ロシア航空、ウラル航空が多かった。昨年4月半ばにシンフェローポリ空港で新ターミナルが開通し、最大650万人/年の取り扱い能力がある。2016年の520万人が過去最大の旅客数であった。

posted by 藤森信吉 at 14:43| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

トモス、ポロシェンコの支持率に影響せず

 こちらによると、トモスを経てもポロシェンコの支持率は低迷したままである。
・社会経済研究・コミュニケーション戦略エージェントによる調査、2019年1月5-12日、2011名を対象。
・大統領選挙での投票先
ティモシェンコ 15.5%
ゼレンシキー11.9%
ボイコ9.5%
フリツェンコ8.8%
ポロシェンコ8.2%
リヤシコ7.1%
サドヴィイ4.2%
(略)
ペトロ・シモネンコ0.4%
回答困難16.2%
------------
 他の世論調査機関の結果が気になるが、レーダー照射ケルチ海峡、トモスと札を切ってもポロシェンコの支持率が伸びないようではもうダメかと。
posted by 藤森信吉 at 21:47| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

ウクライナは第四位

 こちらによると、WHO欧州地域で食生活由来の心疾患死亡率が高い国はウズベキスタンだった。
1990-2016にわたる世界の疾病負担研究の分析によると、食生活由来の死亡は全体の死亡の22.4%、心疾患死亡の49.2%と関連付けられており、全粒摂取の低さ、フルーツ摂取の低さ、ナトリウム摂取過多、ω-3脂肪酸摂取の低さが寄与している。
 2016年度における年齢調整済の食生活由来心疾患死亡率で見ると、ウズベキスタンが394人/10万人でもっともたかく、ついでトルクメニスタン376、クルグス350、ウクライナ349、モルドヴァ328、アゼルバイジャン319、ベラルーシ313、タジキスタン310、カザフスタン306と続く。ロシアは291人/10万人だった。
 
posted by 藤森信吉 at 14:53| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

ウクライナ西/人民共和国統合100周年コイン 発給

 ウクライナ国立銀行は17日から、統合100周年コインを発給する。
 これは、1919年1月22日にウクライナ人民共和国と西ウクライナ人民共和国統合令(Акт Злуки)が調印されたことに因むもので、額面は5フリブナ、洋白製で40万枚発給される。裏面には統合令のテキストの一部が刻印されている。






posted by 藤森信吉 at 21:08| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする