2018年11月26日

ドドン、ロシア下院で演説

 こちらによると、ドドン大統領が、モルドヴァ大統領としては初めてロシア下院で演説を行った。
 ドドン大統領は、ロシア下院本会議において、ロシアの代議員に対し、両国・両人民間の500年の共通の歴史に触れ、正教および家族的価値観が合同要素として働いている、両国家間のパートナー発展の維持・発展に最善を尽くす、と述べた。また、ロシア語は民族間交流言語として今後も維持されることを言明した。50分にも及ぶ演説終了後、拍手が鳴り響いた。



-------------
21日のニュースですが、忘備録として。

posted by 藤森信吉 at 14:55| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする