2018年11月22日

マルチュク、ミンスク会議のウクライナ代表に任命される

 こちらによると、エフヘン・マルチュクがドンバス和平三者コンタクト・グループのウクライナ代表に任命された。
 同副代表イリーナ・ヘラシチェンコがfacebook上で「ポロシェンコ大統領がエフヘン・キリロヴィッチ・マルチュクをウクライナ代表に任命した。マルチュク氏は三者会議安全保障部会の代表をつとめていた」と明らかにした。
 クチマ・第二代ウクライナ大統領が10月2日に三者コンタクト・グループのウクライナ代表を辞めていた。マルチュクは、元ウクライナ国家安全保安庁長官、元国防大臣、元国家安全保障会議書記、元首相を歴任している。
---------
 さすがにユーシェンコの代表就任はなかったですね(笑) マルチュクは歴代首相の中では優秀な方で(まあ後任がラザレンコですから)95年にクリミアの独立運動をぶっ潰した手腕が光ります。
というか、クチマといい、マルチュクといい、メドヴィドチューク案件か? 
posted by 藤森信吉 at 19:40| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする