2018年11月20日

ウクライナ世論の8割「ホロドミールはウクライナ人民に対する虐殺」

 こちらによると、ウクライナ世論の79%は

・2018年10月20-29日、ウクライナ全土2000人、18歳以上を対象
・1932-33年のホルドミールはウクライナ人に対する虐殺と見做す
 ウクライナ全土 79%、 西部92%、中央部83%、南部69%、東部67%
・ホルドミールは誰のせいか 
 スターリン個人47%、ソ連の中央部全体39%、ソ連の懲罰機関(NKVD、GPU)28%、ウクライナ最高指導部23%
・過去10年間で、ホロドミールの加害者に対する裁判を行うべきという案に賛成する率が37%から48%に、大虐殺の被害者およびその家族に対する補償実施のイニシアチブをとるべきが46%から63%に上昇。
・歴史的人物に対する肯定的評価
 フメリニツキー73%、フルシェフスキー68%、マゼッパ53%、ブレジネフ47%、ピョートル1世43%、バンデラ36%、ペトリューラ30%、レーニン26%、ゴルバチョフ25%、スターリン21%
-------------
 ホロドミールと無縁のウクライナ西部(当時はポーランド領)で「ホロドミール=ウクライナ人に対する大虐殺」支持率が非常に高い。ホロドミールの中心地ウクライナ東部も67%なので、十分に高い数字ではあるが。
 しかしフメリニツキーねえ…ユダヤ人虐殺とか、ウクライナをロシアに結びつけた張本人とか、おや、誰か来たようだ。
posted by 藤森信吉 at 22:19| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする