2018年11月14日

人民共和国選挙結果

 人民共和国の選挙結果のまとめ。

ドネツク人民共和国(中央選管発表)
・元首選挙 デニス・プシリン60.85%、ロマン・フラメンコフ 14.2%、エレーナ・シシキナ9.3%、ロマン・エフスチフェロフ7.75%、ウラジーミル・メドヴェージェフ6.5%、無効票1.4%
・人民ソヴェイト選挙
「ドネツク共和国」72.5%、「自由ドンバス」26.0%、無効票1.5%

ルガンスク人民共和国(中央選管発表)
元首選挙 レオニード・パセチニク68.3%、オレグ・コヴーリ16.55%、ナタリア・セルグン7.95%、リュドミラ・ルスナク5.9%、無効票1.3%
・人民ソヴェイト選挙
 ミール・ルガンシチネ(ルガンスク人の平和) 74.12%、ルガンスク経済同盟25.16%、無効票0.72%
--------
 元首選挙は現職(代行)が勝利、ソヴィエト選挙も前の選挙から変化なし。「ドネツク共和国」と「自由ドンバス」の違いは謎。根強い支持があると言われる共産党系の候補者・社会団体が出ていないことだけ見ても、人民共和国の選挙の性格が良くわかる。そもそも結社の自由がないが。
 因みに、どちらの選管も .suドメイン
posted by 藤森信吉 at 17:02| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする