2018年11月10日

ティモシェンコ「国内生産ガスは住民に向けるべきだ」

 こちらによると、ティモシェンコは、ウクライナ産ガスは住民向けに供給すべきだ、と主張した。
 ザポリッジャ州の住民との集会において、ティモシェンコは「ウクライナは210億m3のガス生産があり、住民の全消費量は190億m3である。ウクライナ産ガスがウクライナ人に行きわたらず、何処かの市場で購入・輸入されたガスが企業に行かないのは何故か? ウクライナ憲法には全ての地下資源は人民のものである、と記されている。ポロシェンコ政権による今暖房シーズンを前にした値上げはインフレを亢進させる。ガスから作られる暖房、お湯も料金が上昇する」と批判した。また、2009年時の料金と比較すると11倍の違いがある、とした。
-----------
大統領選挙に向けて、野党はガス料金値上げを集中攻撃。厳冬になると、大統領の支持率にかなり響きそう。
posted by 藤森信吉 at 16:44| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする