2018年11月07日

クリミア、ケルチ海峡の制限をめぐりウクライナに反論

 こちらによると、マリウピリ港公式サイトは「困難にも関わらず、10月にマリウピリ港は50万トンを積み出し、これは前年同期比4.5万トン増である」と記した。
 内33.87万トンが金属製品、3.91万トンが石炭、1.23万トンがひまわり油、6.25万トンが建設資材であった。
 ウクライナ政権は、昨年来、ケルチ架橋がウクライナのマリウピリ、ベリャンシク港を抑制する、と述べていた。特にアーチにより、港にPanamax級船舶(喫水12m)が入港できなくなった、としており、10億ループリ以上の損失がある、としていた。10月25日付のアゾフ海情勢に関する欧州議会決議には、クリミア橋がPanamax級のアゾフ海への進出を妨げている、架橋以前にはアゾフ海に入る船舶の1/5がPanamax級であった、としていた。また決議文は、160メートル以上の船舶は進入できない(実際の制限は252メートル)としていた。
 他方、マリウピリ港当局は、クリミア橋は港の脅威とはならない、と述べていた。クリミア橋は、ケルチ海峡の幅だけでなく、アゾフ・黒海の船舶の発展も考慮に入れて設計されている。また、ケルチ海峡の水先案内船長によると、ケルチ海峡通過のナビゲーション規則によると、ウクライナ側が主張するサイズ以上の船舶も通過可能である。最大252m(ウクライナによると216m)の船がケルチ・エニカリスキー回廊を航行可能であるが、回廊の深さから喫水は8mが限界である。脅威を主張しているウクライナインフラ省自体、10月にベリャジンシク港の短・中期、長期的な展望にたって発展計画を承認している。
posted by 藤森信吉 at 01:04| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする