2018年10月29日

ウクライナ語も使えるルガンスク人民共和国

 こちらによると、ルガンスク人民共和国の投票用紙はロシア語・ウクライナ語の二言語併記である。
 11月11日に両人民共和国で、人民ソビエト代議員選挙および元首選挙が行われるが、投票用紙がメディアに公開された。それによると、ルガンスク人民共和国は、ロシア語およびウクライナ語の両併記である。
 ルガンスク人民共和国の元首候補者はアルファベット順であり、姓、誕生地と職業が簡単に記されている。また、人民ソビエト代議員選挙には、2つの社会団体゛ルガンスク経済同盟」と「ミール・ルガンシチネ」が記されている。
 ドネツク人民共和国の投票用紙はロシア語表記のみである。
-------------
 人民共和国の憲法でもウクライナ語は国家語に指定されている訳で、多言語が保証されるとは素晴らしい。ほとんど意味はないと思うけど。因みに両人民共和国に「政党」はありません。
posted by 藤森信吉 at 11:55| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする