2018年10月09日

IMF、ウクライナの成長率を下方修正

  World Economic Outlook,によると、IMFは2019年のウクライナGDP成長率を3.3%から2.7%に引き下げた。
・GDP予測成長率
2018年 3.2%→3.5%
2019年 3.3%→2.7%
2020年4%→3.4%

・CPI(年平均)
2018年 10.9%
2019年 7.3%

・経常収支
2018年 -3.7%→-3.1%/GDP
2019年 -3.5%→-3.9%

・失業率
2018年 9.2%→9.4%
2019年 8.8%→9.2%
-----------
 ウクライナ国内経済に要因があるというよりは、世界経済景気のピークと貿易摩擦の影響かと(全部読んでいない)
posted by 藤森信吉 at 15:14| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする