2018年09月25日

ミスウクライナ2018、速攻で失格

 こちらによると、ミス・ウクライナ-2018が2日後に既婚が判明し称号剥奪となった。彼女は中国で行われる世界大会にウクライナ代表として参加する予定だった。
 「ミス・ウクライナ」組織委員会によると、キエフ出身のヴェロニカ・ジドゥセンコが、ミス・ウクライナ-2018授与後の2日後に、既婚子持ちという応募条件違反により称号剥奪となった。30日に再選出がなされる。ミス・ウクライナの応募条件には、未婚かつ子供がいないこと、と定められており、参加者はサインしていた。
 因みにミス・ウクライナの歴史では、1995年で栄冠に輝いたヴラーダ・リトヴチェンコが子持ちであったが問題視されなかった。96年のミス・ウクライナであるナターリア・シヴァチェンコも子持ちであった。2001年でも同様なことが生じている。2014年のミス・ウクライナは、既婚であることがバレて世界大会に参加しなかった。



----------
facebook上の家族旅行写真がバレた模様。一瞬、ワルシャワ文化科学宮殿かと思ったが、エッフェル塔かな。
 
posted by 藤森信吉 at 13:01| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする