2018年09月12日

モルドヴァ、デフレ

 こちらによると、8月のモルドヴァのCPIは前月比0.2%減だった。年始からの物価上昇率は0.6%で、直近12カ月の物価上昇率は3.2%だった。これは国立銀行の物価上昇幅5%±1.5% から外れている。
 デフレは、フルーツの季節価格の低下およびサービス価格の低下によるものである。
 統計専門家によると、この一か月、フルーツは6.2%定価し、特にブドウが29.8%安、リンゴ15.4%安、スモモ15%安、同様に野菜もニンジン20.3%安、ビーツ17.6%安、トマト17.3%安、ナス15.6%安だった。一方、キュウリは22.6%高、ズッキーニ19.1%高、キャベツ17.3%高、タマネギ13%高、タマゴ4%高だった。
 サービス料金は、高等教育機関費が1.2%高、航空チケット1%高、海外旅行費は10.4%安、アパート借1.7%安、ホテル宿泊代1.2%安だった。
 2017年8月にもモルドヴァは同様に0.4%のデフレを記録しており、2017根君度のインフレは7.3%だった。国立銀行による2018年の予測インフレ率は4%だったが、3度にわたり修正され、3.2%まで低下している。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 15:14| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

ポロシェンコ「最低賃金を4200フリブナに引き上げる」

 こちらによると、ポロシェンコ大統領は、今年度中に最低賃金を4200フリブナに引き上げる決定を行う、と述べた。
 「4年前、最低賃金は1000-1200フリブナだった。その後、我々は革命的な決定で1600フリブナから3200フリブナに引き上げた。これは昨年のことだ。本予算年度の末に我々は4200フリブナに引き上げる決定を行う。この引き上げは選挙対策ではなく、これ以上、旧来の低賃金労働をなくすためのものであり、ウクライナ人は十分な賃金を受け取る権利がある」と大統領は、ヴィニツァで若者の集会を前に述べた。
 また、今日、平均賃金が労働力の効率化で1200-1500フリブナ上昇しており、400-600ユーロ受け取れれば、国外出稼ぎ労働は終息するであろう、と大統領は述べた。
-----------
大統領選挙は3月31日なので、タイミング的にばっちりでしょう。最低賃金引上げで失業率上昇、となるかもしれませんが。
posted by 藤森信吉 at 09:48| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

ウクライナにユダヤ教徒殺到

 こちらによると、ユダヤ暦5779年の新年祭(9/9-11)を祝うために、既に2万8千人のハシディストがウクライナを訪問している。
 国家国境管理委員会によると、国境通過ポイントで既に2万8千人の入国を処理している。毎年、ウマニで新年祭を祝うために数万人のハシディズム巡礼者が訪問している。9月6日には1万人以上の組織された集団が来訪しており、ボリスピリ、ジュリャンヌィ、リヴィウ、オデッサ空港だけでなくポーランド、ルーマニア、スロヴァキアとの国境から入国している。既に1万8千人が12か国からウマニに来ており、ウマニには3万〜3.5万人の巡礼者が来ることが予測されている。

♪(東条英機をイメージしながら)
いまこそ光れこの頭 抜け毛は二千六百本
あゝ 一億の毛が欲しい〜♪
--------
 ウマニ巡礼については
このへんとかこのへんを参照。

 
posted by 藤森信吉 at 21:53| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

人民共和国、11月11日に選挙を強行

 こちらこちらによると、ドネツク人民共和国およびルガンスク人民共和国で、議会および元首選挙が11月11日に行われる。
 ドネツク人民共和国議会は、11月11日に元首および人民議会の選挙を11月11日に行う決議を採択すると同時に、ザハルチェンコ逝去に伴い同氏の元首権限の停止・プシリン人民議会議長を元首代行に任命する決議を採択した。プシリン元首代行は閣僚5名を更迭した。
 ルガンスク人民共和国議会も11月11日を元首および人民議会の選挙日とする決議を採択した。以前に可決された人民共和国基本法修正法案では、元首および議会の任期が4年から5年に延期されており、9月6日に元首代行が署名していた。
---------
 ザハルチェンコ暗殺からの流れるような展開。
暗殺は
・ウクライナ説 ドンバスに緊張状態を作り出して選挙延期を狙う
・内ゲバ説 ザハルチェンコ=ティモフェーエフに利権が集中しすぎている
・FSB説 コントロールできないザハルチェンコを排除
 があったが、故ザハルチェンコの右腕であるティモフェーエフ歳入相が絶賛パージ中であるところを見ると、内ゲバ説、もしくはFSB説が有力かと。
posted by 藤森信吉 at 13:39| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

ロシア、An-124のエンジンの国産化に着手

 こちらによると、ロシアで、An-124用エンジンの補修部品の国産化が開始された。
 「ロステハ」社は、AN-124に装備されているウクライナ製エンジンD-18Tのコンポーネントの生産を開始した。D-18Tはウクライナのモトール・シチで生産されていた。2003年に生産終了したAN-124の改修問題については、ウクライナ・ロシア関係悪化とウクライナ「アントノフ」との軍事技術協力破棄後に検討がはじまり、改修型AN-124-100Mはイリューシン社が担当することになっていた。ロシアはまた、AN-124の代替となる大型貨物機も計画しており、2027年までに計画が確立される。
posted by 藤森信吉 at 16:18| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

ウクライナ・ジャーナリスト同盟、.検察庁を糾弾

 ウクライナ・ジャーナリスト同盟は、検察庁のジャーナリストへの圧力停止を訴えた。
 8月27日にキエフ市ペチェルスキー地区裁はウクライナ検察庁の要求に応じ、調査番組「スヘームィ」のリーダー、ナタリア・セドリツィカの通話の通話情報をプロバイダーから受領できることを許可した。特に2016年7月から2017年11月のSMS記録やこの17か月の所在データが対象となっている。同期間中、「スヘームィ」は一連の検察庁を含む一連のウクライナ官僚の調査を報道しており、一年前のセドリツィカとストニィク対汚職局長との会話が対象となっている。斯様な裁判所の決定は、クチマやヤヌコヴィッチの権威主義体制下でも見られなかったものである。

--------
 ルツェンコが検事総長に就任したときから十分に予想されていたことで、大統領選挙も近付いているので、がんばってくれるお友達に手心を加えろ、と。
 因みに「スヘームィ」は細かいところまで粘着していてお勧めです。
posted by 藤森信吉 at 10:55| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

キエフにマケイン通り誕生か?

 こちらによると、ルツェンコ・議会大統領代表は、ポロシェンコ大統領が、「キエフ市議会の全会派に対し、イワン・クドリ通り-ウクライナ民族解放運動を妨害したテロリスト、チェキスト、工作員-の一部をジョン・マケイン上院通りに改名することを支持するよう要請を出した」と述べた。大統領を団長とするウクライナ代表団はマケイン議員の葬儀に参列している。

posted by 藤森信吉 at 17:30| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

クリミア観光客、500万人を突破!

 こちらによると、今年度、クリミアの観光客は500万人をこえ、過去25年の記録を更新する可能性が出てきた。
 チェルニャーク・クリミア最高会議観光委員会議長は、8月末まででクリミアで500万人以上が休暇を過ごした、これは昨年同期比28%増であり、クリミア橋建設のおかげで過去25年間の記録更新に近付いており年600万人に達する可能性がある、と述べた。同氏によると、これには幅広い予算帯が提供されていることが作用しており、金持ちだろうが庶民だろうが、休暇場所を見つけられるという。クリミア橋は8月だけで双方向で84万5282台が通行し、開通以来、228万8000台が通過した。2017年にクリミア海峡フェリーは132万台の乗用車とバスを運搬したが、クリミア橋は既にこの数字を上回っている。
posted by 藤森信吉 at 17:21| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペスコフ、オルランドの回想録にクレーム

 こちらによると、ペスコフ・ロシア大統領報道官は、オルランドの回想録内のプーチンの発言は、事実に即していない、とコメントした。
 オルランド前フランス大統領の回想録内で、2015年にプーチンがポロシェンコに、ウクライナ軍を「粉砕してやる」と述べた点は「事実に即していない。現役や生存している政治家については明かさないルールがあるが、ウクライナ問題に現在進行形で従事している者について言及するのはいかがなものか」と苦言を呈した。
-------
 デバリツェベでウクライナ軍と交戦している時の発言でしょうかね。
ウクライナ側の報道には、まだ包囲されていない段階から「包囲されているので早く降伏しろ」的なブラフをプーチンがかましていたと出ていたので、「粉砕」に近い表現はあったと推測。しかし、ロシア語でも文字通り「粉砕」 "стереть в порошок" という表現があるのですな。
posted by 藤森信吉 at 10:47| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

ウクライナ、IMFに償還

 こちらによると、ウクライナは8月31日に、IMFに元本償還として1億6030万ドルを送金した。
 送金は、2014年4月のスタンドバイ合意によるものであり、8月中にウクライナは総額6億560万ドルを送金している。次の支払いは11月1日、5日に予定されている。償還スケジュールによれば、年度末までに、ウクライナは5億ドル強のユーロ債と5億8000万ドルのIMF融資を償還する必要がある。
posted by 藤森信吉 at 21:54| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沿ドニエストルに中立ナンバー登録所が開設

 こちらによると、沿ドニエストルに、中立自動車ナンバーを申請・取得できる登録所が開設された。
 9月1日、ドニエストル左岸に自動車登録のテストポイントが始動し、運転手は中立デザインの自動車ナンバーをチリスポリ、ルィブニッツァで受け取ることが可能となる。開設式には、OSCEモルドバ代表部、モルドヴァ政府首脳および沿ドニエストル首脳が出席した。
 登録所の解説は、沿ドニエストルから国際道路への通行を可能とするメカニズムを創設するための2018年4月24日合意の実現であり、カラカシ・OSCEモルドバ代表部代表代行は「これらの合意は和平プロレスの最終段階への到達を可能とする」と述べた。
 これまで、沿ドニエストル・ナンバーの自動車は、ウクライナおよびロシアのみ通行可能であった。「自動車ナンバー合意」は、2017年末にモルドヴァ・沿ドニエストル間がで調印された8項目のうちの5項目にあたる。





posted by 藤森信吉 at 10:58| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

トラペズニコフがドネツク人民共和国元首代行に就任

 こちらによると、ドミトリー・トラペズニコフ・ドネツク人民共和国閣僚会議副議長が、憲法62条に従い、元首代行に就任した。
 ドミトリー・ヴィクトローヴィッチ・トラペズニコフは1981年4月12日にクラスノダールに生まれ、82年家族とともにドネツクに転居した。産業・公共設備建設、経済、法を修め、シャフチョール・フットボールクラブのマネージャー、ビジネス代表を経て2010年から12年にドネツク市ペトロフスク地区ソヴィエト副代表を務めた。

・元首代行の声明はこちら
 「ウクライナ側特殊部隊のテロ攻撃の結果、元首が死亡した」「ザハルチェンコの公約、政策は全て遂行・継承する」「ロシアへの統合という外交政策は不変である」「我々は敵に対して単独ではなく、一体である、すなわち、我々は勝利する」



---------
 優秀な行政屋っぽい経歴だが、トップ政治家としてはフェイスが悪い。というか、単純に弱そう。
posted by 藤森信吉 at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザハルチェンコ爆死 忘備録

 ザハルチェンコ死亡に対する声明文
プーチン大統領 
ロシア外務省
スルコーフ
ルガンスク人民共和国元首

クリミア共和国ソビエト議長
南オセチア大統領

沿ドニエストルは見当たらず。9月2日は建国記念日なので。
因みにポロシェンコ大統領はマケインの葬儀に参列中。
posted by 藤森信吉 at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

ザハルチェンコ、爆死

 こちらによると、ザハルチェンコ・ドネツク人民共和国元首がドネツク市内で爆死した。
 共和国元首府は「残念ながら、ザハルチェンコ元首はテロリスト攻撃により死亡した。詳細は調査中である」と発表した。ドネツク中心にあるカフェ・レストラン「セパル」で17:30に爆発が起きていた。



------------
 内ゲバ説とFSB説とウクライナwithアメリカ説が出てますな。
張作霖=ザハルチェンコ と見立てると、関東軍=FSB、GRU、田中義一=プーチン、岸信介=スルコーフ、児玉誉士夫(一発変換しない)=クリチェンコ、と色々とピッタリくる。ドネツク的には、サッカースタジアムで爆殺されたシャフチョールの先代オーナーとか、市内で爆殺されたイテラ・ウクライナ社長とかを思い出します。
posted by 藤森信吉 at 11:21| Comment(2) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする