2018年07月05日

常時、海外に320万人のウクライナ出稼ぎ労働者がいる

 出稼ぎネタをもう一丁。
こちらによると、レーヴァ・ウクライナ社会政策相は、「恒常的に国外で320万人いじょうのウクライナ国民が働いている」と述べた。また、大臣によると、労働移民は季節的な変動があり、「その過程で、最大900万人のウクライナ国民が出稼ぎしている」と述べた。労働市場における喫緊な課題は、国内避難民の若年層と労働困難な層の失業レベルである。また、闇の従業や、熟練労働に対する需給の不均衡も問題として指摘された。
---------
 先の送金額と併せて考えると、ポーランドには常時、100万人のウクライナ出稼ぎ労働者がいる、という計算になる。
posted by 藤森信吉 at 00:01| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする