2018年06月21日

ティモシェンコ、出馬宣言

こちらによると、ティモシェンコは大統領選挙への出馬を宣言した。
 ティモシェンコは「大統領職、大統領選挙はゲームではなく、国が待ち望む現実的な変革である。大統領選挙で勝利し、国民投票を行い、新たな社会契約ともいうべき新しい憲法を採択する。権力は脱独占化されねばならない」と述べた。また、ウクライナを繁栄に導く新たな権力モデルを構築した後に大統領は廃止され、議会多数派ではなく、国民が宰相を選出する可能性を提示した。




posted by 藤森信吉 at 20:46| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする