2018年06月13日

ボルトン、ピンチュークから高額ギャラを受け取る

 ワシントン・ポストによると、ボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官はピンチューク財団から11万5000ドルのギャラを受け取っていた。
 昨年9月にキエフで開催されたピンチューク財団主催パネルデスカッションと2月のミュンヘンのイベント出演料として115000ドルがボルトン氏に支払らわれていた。ホワイトハウスの資産公開で明らかにされた。
 ピンチューク財団の支払いは過去にボルトン氏が受け取ったギャラの中で最高額である。ボルトン氏は講演料として総額74万7000ドルを受け取り、220万ドルの総収入のうち56万9000ドルがFox Newsの協力費だった。ピンチューク氏はチャリティーその他でアメリカの政治家にお金を注ぎ込んできた。また、クリントン側に1000万ドル以上を献金していた。2015年にトランプが共和党候補のトップに躍り出ると、ピンチューク財団は15万ドルをトランプ個人のチャリティーに献金した。2015年のヤルタ・ヨーロッパ戦略グループ(YES)会議におけるビデオ会議の20分のスピーチ料として支払われた。資産公開によると、ボルトン氏は、ドイツバンクから7万2000ドル、HSBC銀行から二度のスピーチ料として4万6500ドルを受け取っている。
-------
11万5000ドルだと、オレーナ夫人の洋服代マイケル・ボルトンのワンステージ分くらいにはなりそうだ(ボルトン・ネタは何度目ですかね)。YESなら、ジョン・アンダーソンを呼ぶのも悪くないな。
posted by 藤森信吉 at 21:30| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガイダル娘、オデッサ州議員を辞職

 こちらによると、オデッサ州議会は、マリア・ガイダルの辞職願を受け入れる決議を採択した。
 ガイダルはオデッサ州議会選挙で、ポロシェンコ連合「連帯」党の比例名簿で当選しており、彼女の辞職に伴い、「マヤ・オデッサ」ショッピングセンター所長のユーリ・バシュークが議員に就任する。ガイダルは、2015年7月から2016年5月まで、サアカシビリの下、オデッサ州行政府副長官としての下で働き、医療も市民相談といった社会問題を担当した。2015年8月にはウクライナ国籍を取得し、2016年9月にロシア国籍から離脱した。2017年4月に、ポロシェンコ大統領はガイダルを自らの内政問題担当顧問に任命、2018年6月にガイダルは州議員辞職願を提出した。
posted by 藤森信吉 at 16:07| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする