2018年06月10日

モルドヴァ貿易、絶好調

 こちらによると、モルドヴァの1-4月の貿易輸出額は8億7810万ドルで前年同期比28.7%増だった。
 統計局の数字によると、国内生産分の輸出額は5億9660万ドル、再輸出分は2億8150万ドルだった。
輸出先はEU諸国が67.8%(2017年同期は63%)、CIS諸国のシェアは21%から16.3%へ低下した。最大の輸出先はルーマニアで輸出額は約33%増の2億2070万ドルだった。イタリア、ドイツと続き、ロシアは4位(マイナス8.6%)となった。
 輸出品構成は、昨年同様に工業生産品で22.9%(前年同期比で変化なし)、次いで食料品および畜産品22.4%(同0.3ポイント低下)、輸送機器・装置が18.9%(同0.3ポイント上昇)だった。
 輸入は前年同期比27.2%増の17億7000万ドルで、EU諸国は前年同期比32.1%増の8億8880万ドル(シェアは50%)、CIS諸国のシェアは16.2%増の4億2380万ドル(シェア23.9%)だった。主要輸入品は輸送機器・装置で22.8%、工業製品19.1%だった。貿易赤字は25.8%増の8億9270万ドルで、輸出/輸入額は49%から49.6%に上昇した。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 12:40| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする