2018年06月19日

ナフトガス社も上訴

 こちらによると、ナフトガス・ウクライナ社はスウェーデン高裁に対し、ストックホルム裁定中止命令を撤回するよう求める訴えを起こした。
 ナフトガス・ウクライナ社商務部長ヴィトレンコ氏は「今日、スウェーデン高裁に上訴し、アピールを行った。公にできない調停と異なり、高裁は公開される。誰でも文を読める」と述べた。地裁決定は、一時的にナフトガス社がガスプロムから26億ドルを徴収する過程を停止しただけであり、裁定の撤回につながるものではない。

----------
流れを整理すると
2018年2月 ストックホルム商業会議所仲裁裁判所は2009年ガス輸送契約でナフトガス社に有利な裁定、前年11月の売買契約と合計するとガスプロムは26億ドルをナフトガス社に支払うことに。
2018年5月 ナフトガス社、強制徴収を開始し、オランダ、スイスでガスプロム資産差し押さえ判決を得る
6月 ガスプロム社、スウェーデン地裁で 裁定の停止判決を得る
6月 ナフトガス社、高裁に上訴

 2009年契約には「ストックホルム裁定は最終的な決定である」と書かれているのだが、訳わからん。
 
posted by 藤森信吉 at 10:51| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

ウンゲニ-キシナウ・ガスパイプライン、予算の裏付けなし?

 こちらによると、ウンゲニ・キシナウ間のガスパイプライン建設費のアテがたっていない。
 ルーマニアのガス企業Transgaz社のステリアン社長はモルドヴァのヨーロッパガス網への接続を2020年上半期以前、とブカレストで行われたGas Infrastructure Europe会議で発言した。しかしウンゲニ・キシナウ間パイプライン建設については、無期限で延長される可能性がある。Transgaz社は昨年度の利益の90%を配当で出しており、投資資金がない。契約では、同社はパイプライン建設予定費用9300万ユーロを投資することになっている。
 ルーマニアや黒海、ギリシャ北からのガス供給でモルドヴァはヨーロッパ・ガスインフラの一部となる、とステリアン氏は述べた。数か月前、Transgaz社はモルドヴァのヤッシ・ウンゲニ・ガスパイプライン管理企業Vestmoldtransgazとの間でウンゲニ・キシナウ・パイプライン建設に9300万ユーロを投資する契約を結んでいた。また、数週間前に同社は利益の90%を政府に配当として払うことを株主決議しており、1020万ユーロしか同社に残されないことになる。この状態で同社は2018年に3億8600万ユーロ、2019年には6億2200万ユーロの投資計画を持っている。
 国境をまたぐウンゲニ・ヤッシ・ガスパイプラインは2013年に建設が開始された。モルドヴァのガスプロム依存を減らし、エネルギー安保を高めることを目的としていた。43kmの内、33kmはルーマニア領を走っている。



ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 13:19| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

新内閣でもロシアの人民共和国政策は変わらず

 こちらによると、ドミトリー・コザークが引き続き人民共和国の人道支援を担当する委員会を監督する。
 2014年末に立ち上げられたウクライナのドネツィク・ルハンシク州領被災者人道支援に関する省庁間委員会はロシアの新内閣発足でも継続される、と消息筋は述べた。責任者はドミトリー・コザーク副首相である。クリミア、セハヴァストリーポリその他地域の全権はムトコ副首相に移譲された。昨年9月、コザークが議長をした会議で、クリミア、カリーニングラードのプロジェクトを行うため、人民共和国への人道援助の停止が協議され、然るべき措置が財務省に送られた。
 クレムリンにおけるドンバスの政治問題担当陣営も同様に変わっていない。スルコーフが引き続き担当する、とペスコフ報道官は述べた。これはプーチン大統領が、ドンバス問題の戦略を変える意思がないことを示しており、また代わりの人物がいない、交替した場合のリスクがあると考えれている。ミンスク合意の凍結化はクレムリンに好適である、と消息筋は述べている。MUGIMOのソロヴェイ教授は、モスクワは沿ドニエストル路線をとっており、ロシアの条件でドンバスをウクライナに再統合する機運は熟していない、「沿ドニエストル化」はロシアやドンバスにおける特定のグループと結びついており、ウクライナからの密輸の窓を維持することによるビッグビジネスは過小評価してはならない、と述べた。
-----------
FSB・GRU・コザーク・スルコーフの役割分担については諸説あり。
posted by 藤森信吉 at 09:56| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

ケルチ海峡のフェリー会社、清算

 こちらによると、ケルチ海峡横断フェリー会社の清算は秋までに完了する。
 クリミア共和国閣僚会議が「モルスカヤ・ディレクツィア」社の清算をすでに決定していた。ロシア地域輸送相は「清算はクリミア橋の貨物輸送が開始されたときに完了する。清算過程では第一段階として400人の従業員がかいこされる。再雇用でケルチ行政府や主要企業と交渉している」と述べた。モルスカヤ・ディレクツィア社は2014年末に非営利団体「エジナヤ・トランスポルタヤ・ディレクツィア」として設立され、クリミアのロシア編入後にはケルチ海峡の旅客輸送を行っていた。2015年1月1日から、モルスカヤ・ディレクツィア社が事業を継承し、2015年12月3日に同社はクリミア共和国政府に移譲されていた。
posted by 藤森信吉 at 12:09| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

ガスプロム、ストックホルム裁定をひっくり返す

 こちらによると、ガスプロムは
ストックホルム裁定執行の停止を宣言した。
 スヴェア地区上級裁(スウェーデン)は、ガス輸送契約に関する2月28日付ストックホルム仲裁の決定の執行停止を求めたガスプロム請願を認めた。
 ガスプロム社は「上級裁は、ストックホルム仲裁の決定の執行を停止するに十分な証拠があると認めた。ナフトガス社が海外でガスプロム資産差し押さえる根拠は失われた」と声明文を出した。スウェーデンの「調停法」によると上級裁の決定をさらに上告することできない、とガスプロム社は強調した。
これに対し、ナフトガス・ウクライナ社は、スヴェア地裁による決定は一時的なものであり、ナフトガス社からの聴収なしに下されたものである、地裁決定は覆されるべきであり、この要求が短期で受け入られることを期待する、とした。
-------------
さて、どうなるか。
posted by 藤森信吉 at 21:23| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

ボルトン、ピンチュークから高額ギャラを受け取る

 ワシントン・ポストによると、ボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官はピンチューク財団から11万5000ドルのギャラを受け取っていた。
 昨年9月にキエフで開催されたピンチューク財団主催パネルデスカッションと2月のミュンヘンのイベント出演料として115000ドルがボルトン氏に支払らわれていた。ホワイトハウスの資産公開で明らかにされた。
 ピンチューク財団の支払いは過去にボルトン氏が受け取ったギャラの中で最高額である。ボルトン氏は講演料として総額74万7000ドルを受け取り、220万ドルの総収入のうち56万9000ドルがFox Newsの協力費だった。ピンチューク氏はチャリティーその他でアメリカの政治家にお金を注ぎ込んできた。また、クリントン側に1000万ドル以上を献金していた。2015年にトランプが共和党候補のトップに躍り出ると、ピンチューク財団は15万ドルをトランプ個人のチャリティーに献金した。2015年のヤルタ・ヨーロッパ戦略グループ(YES)会議におけるビデオ会議の20分のスピーチ料として支払われた。資産公開によると、ボルトン氏は、ドイツバンクから7万2000ドル、HSBC銀行から二度のスピーチ料として4万6500ドルを受け取っている。
-------
11万5000ドルだと、オレーナ夫人の洋服代マイケル・ボルトンのワンステージ分くらいにはなりそうだ(ボルトン・ネタは何度目ですかね)。YESなら、ジョン・アンダーソンを呼ぶのも悪くないな。
posted by 藤森信吉 at 21:30| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガイダル娘、オデッサ州議員を辞職

 こちらによると、オデッサ州議会は、マリア・ガイダルの辞職願を受け入れる決議を採択した。
 ガイダルはオデッサ州議会選挙で、ポロシェンコ連合「連帯」党の比例名簿で当選しており、彼女の辞職に伴い、「マヤ・オデッサ」ショッピングセンター所長のユーリ・バシュークが議員に就任する。ガイダルは、2015年7月から2016年5月まで、サアカシビリの下、オデッサ州行政府副長官としての下で働き、医療も市民相談といった社会問題を担当した。2015年8月にはウクライナ国籍を取得し、2016年9月にロシア国籍から離脱した。2017年4月に、ポロシェンコ大統領はガイダルを自らの内政問題担当顧問に任命、2018年6月にガイダルは州議員辞職願を提出した。
posted by 藤森信吉 at 16:07| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

大ルーマニア地図を貼っていると刑法違反になる

 ウクライナ保安庁によると、チェルニフツィの社会団体がウクライナ国家領土保全・国境不可侵を損なった(刑法110条)として捜査を受けた。
 件の社会団体は、公開イベントにおいてチェルニフツィ州領が「大ルーマニア」に含まれる地図を掲示した。これらの地図は、ウクライナにおいて大ルーマニア創設100周年記念を促進させるものであり、実際に団体参加者は北ブコビナおよび南北ベッサラビアをルーマニアに「返還」する主張につながるリーフレットを配布していた。



----------
 大ルーマニア主義に反対するといえば、沿ドニエストル。ウクライナと沿ドニエストルが反ルーマニアで同盟・・・・ないです。
ところで、国境線が外側に広がる地図(例えば沿ドニエストルやドンバス東部も含む「大ウクライナ地図」)も刑法違反なのだろうか。
posted by 藤森信吉 at 11:53| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

プーチン、人民共和国を語る

 こちらに恒例の大統領との直接対話のテキストが掲載されているので、関連する個所のみをピックアップ。

プリレピン(DNR元首顧問)「ウクライナ軍がワールドカップを利用して軍事攻撃を活発化しているが、この情勢についてコメントをお願いします」
プーチン「起きないことを望んでいる。仮に生じた場合、ウクライナ国家性全体にとって重大な結果をもたらすだろう。そのようなことを生じさせてはならない。我々は両未承認人民共和国に援助を行っており、今後も続ける。ウクライナ指導部はこの問題を解決しようとしていない。何故、領土封鎖をしているのだろうか。OSCEはウクライナ側からの攻撃数の増加を記録しており、ミンスク合意の履行などできはしない。ウクライナは、議会選、大統領選に向けて新たな国内政治のサイクルに入っている」

会場からの質問「4年前にモスクワに戦闘を逃れて移住した。合法的に働き、援助を受けたいが、証明書取得で難儀している。DNR、LNR国民のためのロシア国籍取得の簡素化問題について関心を払ってほしい」
プーチン「既にふれたように、ドンバスにおけるLNR、DNR情勢はウクライナの悲劇だ。ウクライナ人民は我々の同胞であり、兄弟国として接しており、ウクライナ人とロシア人は事実上、一つの人民だ。共通の過去があり、今日の悲劇にも関わらず、共通の未来がある。私は移民局に対し、この問題について関心を払うよう求めている。法案が用意されているがまだ採択されていない。
--------
今年は人民共和国に関する質問が2つも。Захар Прилепин は分かりやすい仕込み要員ですな。
posted by 藤森信吉 at 12:04| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ボリスピリ空港は糞」

 Bloombergによると、ボリスピリ空港がワースト10((135位/141)にランキングされた。
ランキングは3つの要素、定時運行、サービスの質、クレーム処理過程 に基づく。
132. Eindhoven Airport, Eindhoven, Netherlands (EIN)
133. Bordeaux Merignac, Bordeaux, France (BOD)
134. Edinburgh Airport, Edinburgh (EDI)
135. Boryspil International Airport, Kiev, Ukraine (KBP)
136. Manchester Airport, Manchester, United Kingdom (MAN)
137. Stockholm Bromma Airport, Stockholm (BMA)
138. Paris Orly, Paris (ORY)
139. Lyon–Saint-Exupéry Airport, Lyon, France (LYS)
140. London Stansted Airport, London (STN)
141. Kuwait International Airport, Farwaniya, Kuwait (KWI)
-------
昔話が増えるのは老けた証拠だが、空港のパスコンがローカル線の改札みたいで、ウクライナ国際航空の中古ボーイングが操縦席のドアを開けっ放しでCAとパイロットがだべりながら運航していた時代を知る者としては十分許容範囲>KBP
STNはLCCで使用したことがあるが、「小さい空港なのに人が溢れている」くらいでそれほど悪印象は抱かなかった。LCCの客層が
アレなだけじゃないか?
posted by 藤森信吉 at 10:01| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

モルドヴァ貿易、絶好調

 こちらによると、モルドヴァの1-4月の貿易輸出額は8億7810万ドルで前年同期比28.7%増だった。
 統計局の数字によると、国内生産分の輸出額は5億9660万ドル、再輸出分は2億8150万ドルだった。
輸出先はEU諸国が67.8%(2017年同期は63%)、CIS諸国のシェアは21%から16.3%へ低下した。最大の輸出先はルーマニアで輸出額は約33%増の2億2070万ドルだった。イタリア、ドイツと続き、ロシアは4位(マイナス8.6%)となった。
 輸出品構成は、昨年同様に工業生産品で22.9%(前年同期比で変化なし)、次いで食料品および畜産品22.4%(同0.3ポイント低下)、輸送機器・装置が18.9%(同0.3ポイント上昇)だった。
 輸入は前年同期比27.2%増の17億7000万ドルで、EU諸国は前年同期比32.1%増の8億8880万ドル(シェアは50%)、CIS諸国のシェアは16.2%増の4億2380万ドル(シェア23.9%)だった。主要輸入品は輸送機器・装置で22.8%、工業製品19.1%だった。貿易赤字は25.8%増の8億9270万ドルで、輸出/輸入額は49%から49.6%に上昇した。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 12:40| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

ウクライナ人の人気観光地トップ10

 こちらによると、Googleウクライナの調査で、ウクライナ人に最も人気がある観光地はトルコだった。
 過去三か月のGoogleウクライナの分析によると、ウクライナ国内の住民が関心を持つ観光地は
国外
1位トルコ、2位エジプト、3位ブルガリア、4位ジョージア、5位バリ、6位キプロス、7位ギリシャ、8位チュニス、9位クロアチア、10位タイ
トップ3は前回と変わらず、全般的にエキゾチックな観光地が好まれている。

国内
1位ザトカ、2位ベルジャンシク、3位オデッサ、4位カルパト、5位キリリフカ、6位クリミア、7位ヘニチェシカ、8位スカドフシク、9位シチャスリフツェベ、10位ザリズニィ・ポルト



---------
 お恥ずかしながら、ウクライナ国内の観光地はほとんど知りませんでした。カルパトを除くと全て海のリゾート地。
posted by 藤森信吉 at 13:53| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

「汚職対策裁」法、採択される

 こちらによると、ウクライナ最高会議は汚職専門裁判所設置に関する法律を可決した。
 ジェリー・ライスIMF報道官は「独立した信頼に値する汚職対策裁判所が設置されるか注視している」と述べた。昨年4月以来、改革実施の遅れからウクライナはIMFのトランシュを受けていない。第二読に対し議員は約2000の修正を加えたが、採択された方が、国際的なパートナーの要求と一致するかは不明である。IMFとヴェネツィア委員会は国外専門家が判事任命に際し拒否権を有することを要求しているが、ウクライナ側によればこれは憲法に反しているという。ポロシェンコ大統領と与党は国際パートナーとの間で、専門家の役割は憲法に反しないという合意を取り付けることに成功した。IMFは2015年にウクライナ改革支援として175億ドルの支援をしょうにんしたが、この1年、改革の鈍化によりプログラムは停止されており、ウクライナは半分以下の84億ドルしか受領していない。
 昨年、ウクライナは20億ドルの第五次トランシュを受け取る予定であり、汚職対策裁判所以外に住民向けガス料金を市場価格まで引き上げる必要があった。IMFとの新たなトランシュの交渉は、財務相の辞職により困難になるかもしれない。IMFと合意した改革の支持者であったダニリューク財務相は首相の要請を受けて議会が解任決議を通した。ライス報道官は、解任劇に不快感を示した。専門家によると、IMFの支援なしにはウクライナは債務の取り扱いが困難になる。ダニリューク財務相は、40億ドルが予算項目から切り離される可能性があると述べていた。
posted by 藤森信吉 at 14:35| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前沿ドニエストル中銀総裁、実刑判決

 こちらによると、コソフスキー前沿ドニエストル中銀総裁が自由剥奪3年の実刑判決を受けた。リャンカ副総裁は同2年の判決を受けた。
 2016年6月の外貨不足時、コソフスキー、リャンカと中銀幹部は、シェフチューク前大統領令のもと、非合法な決定を採択した。外貨オークションにおいて彼らは限られた企業-モルドヴァ出身者が創設した「3 Star」に売却した。
 この措置により、燃料不足は深刻化し、沿ドニエストルの企業はレイのみを売却するという中銀決定を知らされておらず、彼らに外貨はいきわたらなかった。多くの企業は影響を蒙り、対外契約による商業レートでのみ外貨を購入するだけとなった。オークションにおける人為的な外貨不足は輸入食料不足をもたらした。
--------
 外貨不足時、沿ドニエストル中銀が恣意的な割り当てを行い、権力に近い「ビジネスマン」が中銀レートで外貨を獲得、他はより不利な市場レートで外貨を購入せざるを得ず、燃料や食料輸入に支障が出た、とのこと。経済史的に表現すれば「ドルの天井」。
posted by 藤森信吉 at 11:51| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

アフメフトは282位

Bloomebergの2018年長者番付によると、アフメトフの資産は60.8億ドルで282位だった。年始から13億7000万ドル資産を増やしていた。トップ500内のウクライナ人はアフメトフのみ。ロシア人は25名がトップ500入り。ジョージア人が1名トップ500入り。
 世界一位の資産家はベゾス(アマゾン)で1410億ドル、2位ビル・ゲイツ、3位ウォーレン・バフェットと続く。
 
posted by 藤森信吉 at 20:14| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

ハチミツ輸出国ウクライナ

 こちらによると、2017年度、ウクライナのハチミツ輸出に占めるシェアは10%で世界トップ3入りした。
 ハチミツ輸出のトップは中国でシェアは19%、次いでウクライナ、アルゼンチンで10%だった。トップ3で全輸出量の40%を占めることになった。事実上、ウクライナの輸出全量はバルク(非パッケージ)であり、中国、ベトナム、アルゼンチン、インドと競合している。約半分はEU諸国により輸入されており、次いでアメリカ、日本、中国、サウジアラビアと続く。
  2年間で輸出量は25%増となっており、世界的な健康志向を反映している。過去5年間でハチミツの貿易量は18%増加し、2017年には6億9030万トン(23.7億ドル)に達している。
posted by 藤森信吉 at 14:00| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

ナフトガス、オランダでガスプロム資産差し押さえ

 ナフトガス・ウクライナ社によると、同社はオランダでガスプロム資産を差し押さえた。
 先週、ナフトガス・ウクライナ社はガスプロムがオランダ子会社に有している株式および同子会社の資産の差し押さえを申請したが、これはナフトガス社が有する26億ドルの債権(ストックホルム裁定でガスプロムによって支払われるべき額)を確保するためものであり、オランダ裁は差し押さえを許可した。しかしガスプロム社子会社7社のうち6社は執行に協力することを拒否した。
--------
 プレスリリースの原文は英語なので興味がある方はリンク先をお読みください。近年、ナフトガス社HPのプレスリリースは英語のみ。ウクライナ語・ロシア語でも出せばいいのに。
 この問題の背景についてはロシアNIS調査月報2018年6月号の拙稿を参照(宣伝)。

posted by 藤森信吉 at 15:55| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナフトガス、ガスプロムを脅迫?

こちらによると、ナフトガス・ウクライナ社は2020-28年のガス輸送に関し、ガスプロム社に対し年1100億m3レベルと33%の輸送料値上げを要求している。
  ガスプロム社の消息筋によると、ナフトガス社はウクライナのガス輸送パイプラインシステムにおけるガスプロムの輸送者は、自由に選定できる案を提示しているが、実質的にウクライナ企業、ナフトガス社になる。第二案として、ウクライナ東部国境でナフトガス社に売却し、同量を西部国境で買い戻すガススワップ契約を提示している。輸送料については、ナフトガス社は現契約下で2018-19年の引き上げを求めている。ナフトガス社によると、料金形成は2部分から成り、一つは100km/1000m3+ガス価格(ガスプロムがナフトガス社に課す料金)、2つめは「燃料分」と称される加圧基地等の消費の補償分である。コメルサント編集部の試算によると、2.52ドル/1000m3.100kmで2.52ドルとなるが、内0.65ドルは後者の部分になる。2018-19年はストックホルム裁定によればガスプロム社は1100億m3以上を輸送用に供給しなければならない(ガスプロムは不同意)が、ナフトガス社は燃料分も含めた33%値上げの立場で、輸送料は総額25.5億ドルから37億ドルへなる。ガスプロム社は1100億m3輸送に同意しておらず、将来的なウクライナ経由量を100-150億m3とする計画を持っている。ノルド・ストリーム2完工の場合、ガスプロム社は、ロシアから中央ルート(ウクライナ、スロヴァキア、チェコ)経由のドイツ国境への輸送料は、ノルド2の輸送料と対比される、としている。その場合、ナフトガス社試算で、ウクライナ領の輸送料は1ドル/1000m3.100kmに低下する。
 ガスプロム社が輸送料値下げや1100億m3の輸送に合意できない場合、ナフトガス社は110億ドルの補償を調停に訴えるとしている。
posted by 藤森信吉 at 10:44| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

ナフトガス社、超絶お手盛り

 こちらによるとナフトガス・ウクライナ社監査役会はストックホルム裁定の勝利に貢献した従業員に4630万ドルを報酬として与えることを決定した。
  報酬総額は、裁定46億ドルの1%(1%は2017年度の財務報告書内で言及されている)にあたり、41名は直接・間接的に調停勝利に貢献した従業員である。企業上層部のみならず、他の従業員も含まれ、勝利の貢献に応じてボーナス支給額が定められる。
 本年度5月に第一弾にあたる2070万ドル(5億4100万フリブナ)が支給され、残りは26億ドルがガスプロムから支払われることが条件となっている。
-------
 勝利は専ら国際法律事務所のおかげだと思うのだが
posted by 藤森信吉 at 12:00| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

UEFAチャンピオンズリーグ決勝開催でホテル特需

 こちらによるとUEFAチャンピオンズリーグ決勝のキエフ開催により、外国観光客のキエフ訪問数が増える効果が期待されている。
 キエフ市行政府によると、2016年度は130万人、17年度は160万人外国人がキエフを訪問した。2017年はユーロビジョン効果によるものであり、同様のUEFA効果が働くものと期待されている。また、180のホテルの2万室が決勝の半年前に完売し、キエフ市民の個人宅に2000人が無料で滞在したと見積もられている。五か月間で1400万フリブナのホテル収入があり、年間で3000万フリブナのホテル収入が見積もられている。
posted by 藤森信吉 at 10:30| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする