2018年05月28日

MMZ、こっそりウクライナの制裁リスト入り

 こちらによると沿ドニエストルのモルドヴァ冶金工場(MMZ)がウクライナの制裁リストに記載された。
 ウクライナ大統領令126号によると、MMZに対する制裁期間は3年で資産のブロック、通商の制限、ウクライナからの資本移動の禁止等が課せられる。
 オレクサンドル・カレンコフ・ウクライナ冶金産業連合長はインタビューにおいて、屑鉄の沿ドニエストル禁輸を主張していた。カレンコフ氏は「これは今日中に解決すべき政治的な問題である。多くの戦略物資が非承認国家に運ばれ、加工され、我々と競合する市場に送られている。沿ドニエストル企業は、全面的な補助-ガス、電力の元で生産している。屑鉄の沿ドニエストル輸出は許容し難い。対ロ輸出商品制限リストを作るのであれば、これは対沿ドニエストルについても意味を持つことになる」と述べていた。
ウクライナの1-4月期統計によると、ウクライナの屑鉄輸出高は前年比5.2倍の7260万ドルに達しており、78.4%がモルドヴァ(=MMZ)、20.35%がトルコ、0.72%がオランダであった。


posted by 藤森信吉 at 07:21| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする