2018年05月01日

大統領選挙はポロシェンコ・ティモシェンコの一騎打ちか

 SOCISセンターの世論調査結果が公表されたので簡単に紹介。
 2018年4月19-25日、3000人の回答者。

・大統領選挙での投票先
ティモシェンコ10.4%、ポロシェンコ9.2%、フリツェンコ9.0%、バカルチュク8.1%、ボイコ7.6%、リヤシコ5.7%、ラビノヴィッチ5.4%、サドヴィイ2.7%、チャヒニボク1.5%、回答困難・分からない 23.5%
・過去4年間で大統領が行った最も重要なことは
EUとのビザなし渡航40.8%、国防強化28.0%、ウクライナ文化・言語の支持14.3%、東部内戦の局地化13.4%、地方分権11.8%、対ロ経済依存の解消9.7%、ウクライナ外交の成果8.5%、所得の電子申請8.3%、何もない30.1%
・同最も不成功なことは
東部紛争の未解決67.4%、生活水準の低下58.4%、国外移民の増加50.0%、IMFへの従属24.2%、改革の不在22.6%、人事政策の失敗20.1%、投資環境の悪化・汚職11.5% 
・EU加盟の国民投票があった場合
賛成61.0%、反対22.7%、不参加7.3%、回答困難9.0%
・NATO
賛成44.8%、反対35.1%、不参加7.5%、回答困難12.6%
・ウクライナの発展の路は
EU諸国との統合40.0%、ロシア・CIS諸国との友好関係10.2%、自力45.4%、回答困難4.4%
・独立ウクライナ正教会を求めるトモスについて
支持する31.7%、モスクワ主教座と協働すべき7.4%、不支持20.6%、関心なし21.5%、回答困難18.8%
・大規模な抗議行動(新しいマイダン)について
支持しない63.4%、支持するが参加しない20.3%、参加の用意あり9.7%、回答困難6.6%
-----------
 ティモシェンコとポロシェンコはかれこれ20年前から対立していて、ウクライナ政界の深刻な人材不足が伺える。
この状況だと、バカルチュクをどこかの勢力か担いだら、サクッと当選しそうだ。
posted by 藤森信吉 at 12:04| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする