2018年04月28日

MMZ、アメリカの鉄鋼関税で打撃

 こちらによると、モルドヴァ冶金工場(MMZ)はアメリカの追加関税によって影響を受けている。
 MMZ工場長は「トルコ企業に追加関税が適用された後、トルコ鉄鋼製品はヨーロッパ市場に向けられている。ルーマニアは我々の主たる消費者であり、供給増加によって単価が下落している」と述べた。4月には、トン当たり50ドルの下げとなっている。主たるリスクは、追加関税がいつまで継続し、EUがどのような対抗措置を取るのか不明なことにある。当初の計画では2018年は65万トンの完成品を生産することになっており、これは2017年の46万トンの1.5倍である。
--------
 MMZは沿ドニエストル側に立地しています、念のため。
posted by 藤森信吉 at 10:42| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする