2018年04月15日

モルドヴァ、北部国境のコントロールを全回復

 こちらによると、フィリプ・モルドヴァ首相列席の下、ポロシェンコ大統領は「モルドヴァ・ウクライナ国境共同通過ポイントの人・輸送手段・商品・モノの共同管理に関する政府間協定の批准に関する法」に調印した。
 ウクライナ安保フォーラムに出席中のモルドヴァ首相は、沿ドニエストル部分を含むモルドヴァ・ウクライナ国境の完全な管理をもたらすことになる、と謝意を表明した。
 国境の共同管理は2017年7月17日から、ウクライナ領内クチュルガン・ペルヴォマイスク地点で実施されており、政府間協定は2018年3月1日にウクライナ議会が批准していた。協定が発効することにより、モルドヴァ・ウクライナ国境の全追加ポイントで共同管理が可能となり、密輸対策の効率化や地域安全保障の強化が期待される。
posted by 藤森信吉 at 17:17| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする