2018年04月05日

ガスプロム「ウクライナ・ルート経由は1/10になる」

 こちらによると、ミレル・ガスプロムCEOは「ノルドストリーム2」と「トルク・ストリーム」稼働後のウクライナ経由量は1/10になる、と述べた。
 ミレル氏は「ウクライナ領経由の輸送を完全にやめるとは言っていない。何故ならウクライナと国境を接する国はウクライナ領経由となるからだ。他方で輸送量は疑いもなく激減となるだろう。年100-150億m3になろう」とのべた。2017年、ウクライナはロシア・ガスを930億m3輸送している。
 今後の協力についてミレル氏は「少なくともストックホルム裁定枠内での条件はない」と述べた。
posted by 藤森信吉 at 14:53| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする