2018年03月30日

沿ドニエストルへの仕送り、激増

 こちらによると、沿ドニエストルへの上2カ月の仕送り額は前年同期比41%増の1378万ドル(ドル換算)だった。
 沿ドニエストル中銀によると、自然人の電送額(非銀行口座)は、2月のみでも693万ドルにたっし、72.4%はCIS諸国からだった。ロシアからの送金が461万ドル、ついでイスラエル44万ドル、あめりか、イタリア、モルドヴァ、トルコと続く。通貨別でみると、62.4%(2ポイント増)が米ドル、23.8%がロシアルーブリ(マイナス5ポイント)、ユーロ13.7%となっている。ロシアからの送金は61.8%がドル、35%がロシアルーブリ、3.2%がユーロおよびモルドヴァ・レイとなっている。
 
posted by 藤森信吉 at 17:28| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4G通信、始動

 ポロシェンコ大統領は、ウクライナ20以上の都市で3月30日から4G通信が開始されたことを宣言した。
  ボーダフォン・ウクライナ社はキエフ、リヴィウ、ハリキフ、ドニプロ、オデッサ市で4G通信を開始、他の都市でも3月30日に接続される。また、lifecell社も接続を開始している。
 3月6日、ウクライナで、4G 1800MGhz帯域の公開入札が行われ、キエフスター、ボーダフォン・ウクライナ、Lifecell社が応札、入札総額は55億フリブナに達した。
posted by 藤森信吉 at 17:05| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする