2018年03月03日

ガスプロム、ウクライナとの契約終了へ動く

 こちらによると、ガスプロム社はウクライナとのガス供給・輸送契約の終了に動き出した。
 ミレルCEOは、「ストックホルム仲裁において、ガスプロムはナフトガス・ウクライナ社とのガス供給・輸送契約の終了を迅速に開始する必要に迫られた」と述べた。ストックホルム仲裁の決定は、現行契約における両者の利益のバランスを損なっているとしており、斯様な状況下では、ガスプロムにとって契約の継続は経済的に不適切で不利益である、とした。
 またこちらによると、メドヴェージェフ・ガスプロム副CEOは、ナフトガス・ウクライナ社から入金された3月期のガス供給の前払金を返還した、と述べた。
-------
供給はともかく、輸送に関しても契約終了に動く、ということですかね。2009年契約は名実ともに破棄、ということに。

posted by 藤森信吉 at 17:59| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする