2018年02月06日

ガス料金 爆上げの可能性

 こちらによると、ガス代が62%値上げされる可能性がある。
 住民および熱供給公社向けガス料金は、2017年3月22日付決議に変更がなければ、4月1日から62%増、すなわち4900フリブナ/1000m3(VAT除)から8030フリブナへ値上げされる可能性がある。これは、ナフトガス・ウクライナ社財務計画の財務省分析内で言及されている。また、2018年10月からガス価格は現行から73%増の8500フリブナ/1000m3に上昇する可能性がある。政府は2017年3月22日付決議を履行する場合、2018年1月から17%増加される可能性があったが、政府は履行を4月に先延ばししていた。
 フロイスマン首相は、暖房シーズンが終わる4月まではガス代の値上げを行わない、値上げされた場合は、生活保護制度で相殺されるだろう、と述べていた。
-------
先誑之曰、與若芧、朝三而暮四、足乎。衆狙皆起而怒。俄而曰、與若芧、朝四而暮三、足乎。衆狙皆伏而喜。
posted by 藤森信吉 at 20:25| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする