2018年01月24日

ウクライナは106位

 Freedom in the World 2018 によると、ウクライナのスコアは62で部分的自由と評価された。
フリーダムハウスの評価によると、政治的権利、市民的自由がともに3/7 でスコアは62(前年から1ポイントアップ)となった。高官レベルの汚職が政府の支持率と経済改革に悪影響を与えており、また政治的圧力が報道の自由を脅かしている、とされている。
--------
旧ソ連諸国のスコアをみると、
自由 バルト3国
部分的自由 、クルグス37、アルメニア44、モルドヴァ61、ジョージア64
自由でない トルクメニスタン4、ウズベキスタン7、アゼルバイジャン 12、ロシア20、ベラルーシ21、カザフ22、

 因みに 沿ドニエストル24、クリミア9。
-----
 来年あたりはドンバスの個別スコアも登場しそうだ。 
posted by 藤森信吉 at 19:28| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする