2018年01月23日

ドネツク人民共和国、ボーダフォンに復旧要請

 こちらによると、ドネツク人民共和国はボーダフォン・ウクライナ社に対し、復旧要請を行った。
 ヤツェンコ・ドネツク人民共和国通信相は「ボーダフォンは旧MTSウクライナ人員へのアクセスを拒み、また現在の専門家では問題を解決できないため、同社に対し技術的な検査を行うための人員派遣を求めた」と述べた。また、同省は、ボーダフォン社との間で人民共和国内での行政的問題-同社の電気料金の不払いについて協議する必要がある、とも述べた。
 MTSはドネツク人民共和国内で1月11日に通話ができなくなり、これはエレノフカ近くのケーブル損傷が理由である。領内では、「フェニックス」のみが稼働しており、住民がフェニックスのスターターパケット購入に殺到している。通話の増大と、ウクライナ側ハッカーと思わしきDDos攻撃も加わり、フェニックスのネットワークで不備が生じている。人民共和国の専門家は既に撤収したLifecellのネットワーク基地を稼働させ、改善に努めている。
-----
ルガンスク人民共和国内では復旧したものの、ドネツク人民共和国では復旧していない模様。人民共和国が頑なに「MTS-ウクライナ」と表記しているのは、人民共和国「建国」後の2015年にボーダフォンにブランド替えしていることと関連しているようだ。
 
posted by 藤森信吉 at 14:45| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ、クリミアからの兵器返還を拒否

 こちらによると、ウクライナ側はクリミアからの兵器返還案を拒否した。
 クリムキン外相は、モスクワの提案に対し「モスクワとの間でクリミアの法的立場に対する対話がなく、我々の法的政治的立場を弱めるようなことは行なわない」と述べた。また、ロシア側から正式な要請を受けていない、とも付け加えた。
 ヴォロンチェンコ・ウクライナ海軍司令は「慎重に検討すべき」問題である、とした。

posted by 藤森信吉 at 13:46| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする