2017年12月31日

ウクライナ、ロシア国民の入国に生体認証を導入

 こちらによると、2018年1月1日からロシアを含む70か国の国民に対し、生体認証による入国検査を導入する。
 157か所の入国ポイント全てに、生体認証パスポートの検査システムが全面的に導入されており、2018年1月1日からは、ウクライナ国民および国家の安全の脅威となる70か国の国民に対する生体認証チェックが行われる。これらの国は、ロシア、アフガニスタン、ベトナム、イラク、イラン、クルグス、北朝鮮、タジキスタン、スリリランカ、アフリカ諸国である。
 27日からロシア国境で試験稼働しており、生体認証パスポートを持っていないロシア国民のみに問題が生じただけであった。
posted by 藤森信吉 at 17:43| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする