2017年12月22日

神戸学院経済学論集に投稿しました。

神戸学院 経済学論集 第49巻 第1・2号 に
未承認国家問題の再考-沿ドニエストルの発電問題を中心に-
を投稿いたしました。
 2017年6月にウクライナ研究会で報告したものを論文の形にしたものです。
PDFでダウンロードできます。
http://www.eb.kobegakuin.ac.jp/~keizai/v02/bc4_book_b.html
直リン先
http://www.eb.kobegakuin.ac.jp/~keizai/v02/data/pdf/fujimori201709.pdf

 
posted by 藤森信吉 at 20:52| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沿ドニエストル9連休

こちらによると、沿ドニエストルは12月30日から1月7日まで9連休となる。
 沿ドニエストル政府は、2018年1月4、5日を休日とし、その代わりに1月20日と2月3日を労働日とする決定を行った。また3月3日を労働日とする代わりに3月9日が休日となり、3月8-11日まで四連休となる。
------
 沿ドニエストルは大統領令で突然休日が設定されるので油断できない。以前、3月上旬にアポを入れていたら「大統領令で3月7日も休日になったからアポ取り消し」とドタキャンされたことがある。
ところで休日の一覧を見ると、11月7日は「10月社会主義革命記念日」とある。今でもこの名称を使っているのはベラルーシとクルグススタンくらいか。

posted by 藤森信吉 at 18:44| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EU、モルドヴへの援助金を減額

 こちらによると、EUはモルドヴァの改革支援に3630万ユーロを割り当てた。5分野で予算執行可能である。
・DCFTAの履行関連
・警察改革
・財政政策改革
・ビザなし渡航の履行関連
・農業・農村発展
 
 EU・モルドヴァ間合意事項が部分的に未達成であることから4700万ユーロから減額されている。EUはモルドヴァに対し、高官レベルの汚職への対処、司法の独立の保証を実施するよう強く求めている。また、民主主義機構の尊重も求めている。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 18:28| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする