2017年12月13日

モルドバ国民に対するビザ発給要件の緩和

日本国外務省HPより。
1 今般,日本とモルドバが外交関係樹立25周年を迎えたことを受け,人的交流を含む二国間関係を一層強化するため,モルドバ国民(一般旅券所持者)に対する短期滞在ビザの発給要件緩和措置を決定し,平成30年1月1日以降の申請分から運用を開始します。
2 運用を開始する具体的な措置の内容は以下のとおりです。
(1)従来発給している商用の方や文化人・知識人に対する短期滞在数次ビザの発給対象者の範囲を拡大することに加え,最長の有効期間を現行の3年から5年に延長します。
(2)自己支弁による渡航の場合,短期滞在ビザの身元保証書等の提出書類を省略します。
3 今回の緩和措置は,商用や観光等の目的で訪日するモルドバ国民の利便性向上や訪日者の増加,ひいては日・モルドバ間の人的交流の一層の活発化に資することが期待されます。
-------
 自分の金で訪日するモルドヴァ人というと、プラハトニュークあたりか?
銀座で豪遊するプラハトニューク…

 
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 21:31| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OSCEの中心で 国家承認を叫ぶ

12月7-8日、ウィーンで行われた沿ドニエストル問題に関する5+2協議は、OSCE大臣声明を発表した。
 これに対し、沿ドニエストル外相はコメントを出し、大臣声明内の「モルドヴァ共和国の主権と領土保全」に立脚した惰性的な解決策に対し、沿ドニエストル外務省は、沿ドニエストル人民の不可分な権利と利益の遵守と2006年の住民投票の結果の実現が、効果的なモデルであり、沿ドニエストル・モルトヴァ共和国の主権・独立の国際法的承認が基本だ、とした。
------
 OSCE参加国の大臣声明、ということは、ロシア外相も賛成しているということになるのか。沿ドニエストル、孤立無援。
posted by 藤森信吉 at 21:24| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沿ドニエストル、出稼ぎ送金 絶好調

 こちらによると、沿ドニエストルの10月期の国外からの入金は過去3年間で最高を記録した。
 沿ドニエストルへの自然人の国際電信送金は、10月に過去3年間で最高の797万ドル(ドル換算)を記録した。これは9月より50万ドル増、前年同期比460万ドル増であった。
 沿ドニエストル中央銀行のデータによると560万ドル(70.7%)がロシアから、36万ドルがイスラエルからで、アメリカ、イタリア、トルコ、モルドヴァ、と続く。
 2017年上10か月で沿ドニエストルには6480万ドルが送金されたが、これは前年同期比の1.8倍であり、ブルキナファソ、パーレン、カンボジア、コスタリカ、ガーナ等の世界115か国から送金されている。しかしながら、大半はCIS諸国、とくにロシア(71.7%)からである。
 送金通貨は、アメリカドル(62.9%)、ユーロ(10.7%)によるものが増えており、ルーブリ建は26.4%に低下している。
---------
7月期のデータを以前にお伝えしたが、傾向は継続中。出稼ぎはロシアの景気に左右される訳であり、「ロシアが風邪を引くと沿ドニエストルは重症になる」といったところか。
posted by 藤森信吉 at 19:15| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする