2017年12月12日

ハンガリー外相、ヴェニス委員会の意見書にコメント

 こちらによると、シーヤールトー・ハンガリー外相は、ヴェニス委員会のウクライナ・教育法に関する意見書にコメントを出した。
 外相は、欧州評議会ヴェニス委員会の意見書は曖昧であるが、ハンガリー政府は、ウクライナ当局に対し3つの期待、1.既存の権利を侵害しない、2.ウクライナの少数民族と協議する、3.ヴェニス委員会の勧告を完全に履行する、を表明した。そして、これが満たされない限り、ハンガリーはウクライナの国際政治における要望を支持しない、と述べた。
 ヴェニス委員会の決定は、教育法第7条が少数民族との協議からかけ離れており、ウクライナの国際的な責務に沿っていない、と批判している。また、非EU公式原語であるロシア語が明らかに差別されている、とも指摘している。




・ウクライナ外務省の声明はこちら
-------
国際言語たるロシア語を敵国ロシアの言語、と見なすからいけない訳であり、ここは友好国ベラルーシがロシア語の宗主を名乗るべきだろう。
posted by 藤森信吉 at 18:15| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする