2017年12月02日

ウクライナ政府、予測経済成長率を下方修正

こちらによると、ウクライナ政府は2018-2020年の予測経済成長率を下方修正した。
 「現在の国際市況が特定の商品、特に鉄鉱石、肥料、小麦の価格変動に影響を与えている」として、以下のようなマクロ経済予測を発表した。
 201820192020
GDP成長率3%3.6%4%
インフレ率(年末/年末)9%6.5%5%
失業率9.1%8.9%8.5%

 また、2018年の実質賃金伸び率を9.6%と予測した。
posted by 藤森信吉 at 13:24| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする