2017年09月02日

ロシア国民に対し生態認証パスポート導入

こちらによると、2018年1月1日から、ウクライナにとってリスクとなる国の国民の入国に際し、生態認証パスポートを導入する。
 ポロシェンコ大統領によると、三段階に分かれており、第一段階で、渡航目的を事前に申請し、第二段階として国境において生態認証パスポートもしくはデータを提示、第三段階として滞在住所を登録する。
 大統領は「このやり方は広く普及していると認識している。国が、ロシア側からの軍事的侵略を受けている場合、このやり方は正当化される。これにより、我々は国の安全保障レベルを引き上げる」と述べた。
---------
ネット右翼
posted by 藤森信吉 at 09:29| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフメトフ、エネルゴ株をまたまた買い増し

 こちらによると、アフメトフが所有するSCM社の傘下Ornex社は、ドニプロエネルゴ株25%、ドニプロオブルエネルゴ株25%をそれぞれ買い入れた。
 国有財産基金が保有するドニプロエネルゴ株25%に対し7億2824万フリブナ、ドニプロオブルエネルゴ株25%に対しては10億468万フリブナを支払ったが、これは入札開始価格の2.05倍であった。
DTEK社は既にドニプロエネルゴ株の73.54%、ドニプロオブルエネルゴ株の51.66%を保有している。
Ornex社は3つのエネルゴ(ドネツィクオブルエネルゴ、ザヒドエネルゴ、キエフエネルゴ)の株も買い増している。
------
 以前に紹介した記事に続く第二弾。これで安心の株式保有率75%超。しかしアフメトフ、資金はどこから湧いてくるのだろうか。
 
posted by 藤森信吉 at 01:04| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする